ホーム>広瀬川へ行こう

        

« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月02日

広瀬川で游ぐ

昨日、東北南部が梅雨明けになりました。平年より9日も遅いとのことでしたが、これでも昨年に比べると1日早いとのことです。
さぁ、これから川遊びのシーズン真っ盛りということになると思いますが、くれぐれも、安全に気をつけて、楽しく遊んでください。
それでは、梅雨明けを記念して(?)、広瀬川で游ぐ人の写真をお届けします。広瀬川で游いでいる人、掲載写真以外にもこれまで何度かみかけています。広瀬川で游ぐ人って意外にいますね。

広瀬川で游ぐ


すごく気持ちよさそうです

写真は仙台電波高専の北、すぐ側の広瀬川で游いでいた高専の生徒さんです。2年前の9月、残暑厳しいときでした。いつもここで泳いでいるとのことでした。


またまた広瀬川で游ぐ人

こちらは、宮城広瀬高校から陸前落合駅間の広瀬川で游いでいた方です。こちらは2年前の8月です。


読書する人

こちらは、ボートに乗って、読書している方です。宮沢橋上流の中洲、右岸側でした。游いでいる人ではありませんが、おまけとして。今年の5月末です。

2007年08月06日

下水道フェア

地図と写真の番号を組み合わせるクイズ

8月4日、若林区役所周辺特設会場を舞台に「下水道フェア」が開催され、広瀬川中下流域の主なポイントを知ってもらうクイズ形式の体験イベントを広瀬川市民会議が実施しました。


クイズに挑戦する子どもたち

イベントスタート時はあいにくの雨模様となりましたが、昼前には雨も上がり、おかげさまでクイズに挑戦する多くの方で賑わいました。クイズへ挑戦していただいたみなさん、ありがとうございました。


水風船

クイズに挑戦していただいた方には、水風船、バルーンドッグなどをプレゼントしました。

2007年08月07日

青葉区新川川ビーチ!

青葉区にビーチ?

先週末、新川川某所での写真です。海水浴場に見間違える光景でした。
みなさん、思い思いに川水浴を楽しんで、盛夏を満喫しているようでした。


川へ飛び込む男の子

やっぱり、川水浴の醍醐味は飛び込みですね。
気分は飛び込みの聖地(?)岐阜県吉田川にも負けません。


川へ飛び込む女の子

女の子も川へ飛び込みま〜す。


頭から行きます

自信のある子、度胸のある子は頭からいきま〜〜〜す!!


2007年08月10日

三居沢不動尊

月例祭のぼり

広瀬川市民会議が9月に実施を予定している「第2回広瀬川の流域を歩く」の下見を先月28日に行いました。
最終目的地が三居沢発電所・電気百年館だったのですが、ちょうどその日、三居沢のお不動さんの月例祭にあたっていたため、お不動さんに向かう道にのぼりが立っていたり、1軒だけでしたが出店も出ており、ちょっとしたお祭り気分が味わえました。


アジサイ

お不動さんの入口には、見頃は過ぎた感じでしたが、白、青、ピンクのアジサイが咲いていました。
赤い太鼓橋と白のアジサイのコントラストが印象的でした。


お滝

境内の奥にある大滝の周辺は、周りとはちょっと違う雰囲気を醸しだし、気温も少し低い感じがします。


浮きみくじ

こちらは、三居沢不動尊オリジナル(と書かれていた)の浮きみくじです。「この鉢には霊験あらたかな、お滝様の清水が注がれています」とのことです。


2007年08月13日

女郎蜘蛛

子どものジョロウグモ

漢字で書くとおどろおどろしい感じのするこのクモは、家の周りから山間部まで広く見られるジョロウグモです。


パイプフェンスにたくさんいました

三居沢の歩道の丸パイプフェンスに、5ミリ程度(足を除く)の子どものジョロウグモが、隙間無く列になって網を張っていました。


あと2ヶ月後には

こちらは、昨年の10月中旬、三居沢で撮影したジョロウグモです。あと2ヶ月も経つとこのように大きくなってしまいます。
子どもの頃、ジョロウグモを捕まえて、お尻から糸を引き出し、それを指に何重にも巻いて黄色の指輪を作って遊びました。今思えばこれのどこがおもしろかったのか…。
今の子どもたちは、そもそも触らないでしょうね。


2007年08月21日

広瀬川灯ろう流し

会場の様子

昨日(20日)、宮沢緑地を会場に「広瀬川灯ろう流し」が行われました。日中はとても暑かったのですが、会場周辺は夕暮れに伴い過ごしやすくなり、川面を通る風が心地よかったです。


花火その1


花火その2

約1000発の花火が打ち上げられました。
灯ろう流しの花火は、高層マンションが背景となるため、ちょっと都会的です。


灯ろう流しの様子


川面に揺れる灯ろう

色とりどりの灯ろうが流され、幻想的な灯ろうがゆく夏を感じさせます。


2007年08月22日

クリーンアップ広瀬川

澱橋をスタート

18日(土)に行われた仙台市カヌー協会主催の「クリーンアップ広瀬川」に参加してきました。
「クリーンアップ広瀬川」は、澱橋〜大橋の約1.5kmの区間をカヌーに乗って岸辺や中洲、流水の清掃を行い、その後、大橋〜米ケ袋の約3kmのツーリングするもので、今回が10回目になります。
写真は、澱橋スタート直後のものです。


中洲に上陸

澱橋下流の中洲に上陸し、ごみ拾いを行いました。
中洲では増水時に木に引っかかってしまうビニール系のごみが目に付きました。


ごみの一部

写真は収集したごみの一部です。カヌーで運ぶには大変な自転車、タイヤといったものもありました。
でも、カヌーに乗って行う清掃、普通に行う清掃よりも何故かものすごく楽しく感じますね。

2007年08月23日

広瀬川の涼しい場所

滝

お盆が過ぎてまた、暑さが戻って来たようです。愛宕大橋〜広瀬橋周辺で涼しい場所を探してみました。
ひとつ目は愛宕山の崖から流れ出ている名もない小さな滝です。米ヶ袋の「縛り地蔵」付近から見ることができます。
夏でも枯れることはなく、勢いよく水が流れ落ちています。近くによると水しぶきが当って涼しく気持ちよいです。また、この愛宕山下一帯は日陰になっており、直射日光もあまり当らず涼しいためか、色々な種類の昆虫を見ることができます。


横穴墓群

二つ目は同じ愛宕山の崖下にある「横穴墓群」です。この写真は古墳の説明が書かれている場所で撮影しました。ふたつの墓穴が目のようで、まるで人の顔のように見えます。この横穴墓群は愛宕山の北斜面と東部南斜面を中心に100基ほど分布しており、7〜8世紀頃造られたと言われています。
また、近くには戦時中に作られた防空壕やトンネルもあり、中は涼しそうですが、危険なので、近づかない方がよいと思います。


郡山堰

三つ目は郡山堰、3羽の「ゴイサギ」が堰を昇ろうとしている「アユ」を狙っていました。水の中でじっとしており、涼しそうです。時折、大きなアユを捕まえて食べていました。涼しいところで仕事ができて、一石二鳥。うらやましい限りです。

2007年08月27日

これもヒマワリ?

八重咲きのヒマワリ

フラワーアレンジメントや花屋さんでは見たことがありましたが、外で初めて八重咲きのヒマワリを見ることができました。咲いていた場所は青下橋のそばです。
初めて八重咲きのヒマワリを見たときは、「えっ、これもヒマワリなの」と思いましたが…。やはり、何度見ても不思議なヒマワリです。
八重咲きとは、通常の花よりも花弁や花被片の数が多い状態の花のことで、多くの場合種子ができないそうです。

青下橋より下流を望む

なお、青下橋の下を流れる青下川は広瀬川の支流で、青下橋から写真のような渓谷を見ることができます。

2007年08月29日

大倉ダム

大倉大橋付近の水位状況

8月 27 26日(日)の大倉ダム(大倉大橋付近)の写真です。 下流域で水が少なくなっているため、大倉ダムではここのところ放流を続けていて、毎日約30冂度水位が低下しているそうです。
6月に掲載した写真に比べると水位がかなり低下していることがわかります。
月曜、火曜とほんの少し雨が降りましたが、はたして恵みの雨となったでしょうか…。


クズ

こちらは、大倉ダムの湖畔に咲いていたクズです。
根から葛湯が取れ、また薬用には秋から冬に根を刻んで日干しし、煎じて風邪などに利用できるそうです(漢方の葛根湯)。
クズは秋の七草の一つですので、暑いと思っていても秋が近づいているようですね。

About 2007年08月

2007年08月にブログ「広瀬川フォトブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年07月です。

次のアーカイブは2007年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35