« 秋 | メイン | 広瀬川 連作詩 10 »

広瀬川 連作詩 9

35.いってしまった/ほとんど見えていない/思い出すと苦しいけど/再び
36.できなくなった/なにかが壊れて/だけどそこから仕事がはじまった
37.わからなくなった/すべて/不思議な歩き方考え方/伝え方
38.はじまらなかった/ルールのない一日/新しく笑うことができた

39.重なっていく/静かに生きる/という表現
40.確かめていく/見えない線を辿る/四本足のリズム
41.潤っていく/丸く早く/雨はたくさんの過去からやってくるから

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/584

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年11月22日 15:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「」です。

次の投稿は「広瀬川 連作詩 10」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35