« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月 アーカイブ

2010年09月03日

全国大会出場だ!

中々の反響の多い、浮き球▲ベースボール「広瀬川左岸団」
灼熱のグラウンドで繰り広げられた3rdステージ。
今までの戦績を無視して、この日の結果で全国大会への切符がきまるという号令が!
「何だそれ?」という疑問もありつつ、戦意に燃える左岸団。

今回の助っ人。「野球なんて一番嫌いな球技だ」と言いながら面白さにはまった模様↓
_MG_5948.JPG

あまりの暑さで、3回30分で勝負となりました
 
左岸団VS志竜団    3:1 ○
左岸団VSたがじょー団 4:3 ○
 

結果、トースト団(同じく2勝)が出場辞退で左岸団が10月の全国大会へ参加決定!!

この日エラーはしたけど、2ランホームランを打って貢献したと自負するわたし↓
 _MG_5961.JPG

しかし、話を聞くと全国大会は高校野球レベルのチームが軒並みらしく、元○○な選手が出てくるらしい。。
「試合で勝つのは無理でも、ビールの消費量で勝ってみせましょうよ監督?!」

おまけ
_MG_5989.JPG

筋肉自慢
_MG_5963.JPG

2010年09月14日

この夏、少年は海をめざした part,1

これは7月末の話です

朝5時
「父ちゃん、曇りだよ。海いけるよ」
「・・・行くか」

彼とは約束があった。
広瀬川沿いを自転車で散歩していると
 
息子 「父ちゃん、ここをずーーっと真っ直ぐ行くと何処に行くの?」
わたし「海だよ。行く?」
息子 「へっ?あの海!?それは大冒険だね!行くっ!」

しかし、今年の猛暑は厳しく「曇って、暑くないときに行こうよ」という話になっていた。
彼はそのタイミングを見計らっていたのである。
眠くてボーッとしている私の横で、モゾモゾ起き出して、準備する息子
 
息子「冒険はこっそりスタートして、かぁちゃんをビックリさせようよ」

んじゃ行きますか。。。
R0028293.jpg

涼しい朝の空気は気持ちよく、グイグイ進みます。
広瀬橋側の電車の鉄橋。
息子「電車は好きだけど、ガタゴト凄い音がするからココ怖いんだよね」
っと電車が通るのをやり過ごし、ダッシュで通過。
R0028297.jpg

途中、川沿いに見慣れぬ「導水中」という「のぼり」が並んでいました。
R0028299.jpg
これは広瀬川の流量が少なく、大倉ダムからの放水では「瀬切れ」を起こしてしまい、サクラマスが60匹、郡山堰下で死んでしまった。これではいかんと、数年前に作ったポンプ場から名取川〜笊川の川水を分岐させ、木流し堀を使って広瀬川に流し込む初めての実働作戦実行中だったのである。総工費○○億円掛かっております。効果の程はたぶんどなたかが検証されていると思います。土木って凄いね
R0028224.jpg

そのあたりの話しははさておき、
早朝の涼しげな風を浴びながら、少年は海を目指すのである。


途中、おにぎりを頬張りながら、ここから先の道程について作戦会議。
R0028312.jpg
息子「父ちゃんは、もっと離れて走ってよ。」
私 「どうして?」
息子「道を教えてくれれば1人で行くんだから。冒険は1人でやるの!」
私 「・・・・」

 
もう少し一緒に遊んでくれ我が子よ。

 

因みにうちの子は、特に練習もせずに補助輪を外し、その日のうちに7kmの道程を勢いに任せて走った強者。
↓の写真は補助輪を外したその日ですが、息子に羽が生えて巣立っていった瞬間の写真です。
R0026298.jpg
一年もしないうちに海を目指すとは、とんだ冒険野郎に育った模様。

それではこの続きは次回にします

※広瀬川では補助輪外しに励む親子の姿をよく見かけますが、コツは補助輪と同時にペダルを外してパタパタさせることだそうです。ペダルが足に引っかかる恐怖を取り除くと良いらしい

2010年09月27日

この夏、少年は海を目指した part2

息子 「父ちゃん、先行くよ。あと真っ直ぐだよね」
わたし「・・・・」
(待てよ、我が子 そう急ぎなさんな)
 
親の思いと裏腹に、6才の息子はグイグイ進む。
R0028301.jpg 
ここからは自転車専用道。
R0028331.jpg
周りは田園風景。気分爽快です。
もういつのまにか広瀬川は名取川に合流して下流域の様相。
R0028336.jpg

 
そして対岸に名取市の近隣住民は一度は遠足で訪れるという「あんどん松」が見える

「あんどん松」は堤防に並ぶ約50本のクロマツで、江戸時代に伊達藩が遠州(静岡県)から、苗をわざわざ取り寄せて植えたという。県内有数の立派な松並木として知られる。
昔は松の木にあんどんをつるしたそうです。きっと閖上の漁師はあの松並木を見て、無事に漁から帰ってきたんだと安堵したのでしょうね。
R0028344.jpg

ここまで自転車で来て気づいたのですが、対岸の仙台市側にも立派な並木があります。あんどん松と違い鬱蒼としていて未整備ですけど、、ここもじつは由緒正しき並木なのでは?知っている方、情報求む!
R0028347.jpg
海までもう少し!!
R0028352.jpg

最後は泥道を進みます。。。
R0028354.jpg


無事に河口に到着!!歓喜するのかと思いきや
「あ、カニだ、カニだ」とザバザバと靴のまま水に入っていき、蟹取り始める我が子。。。
R0028366.jpg

ここまで来て、ポツリポツリ雨が降り始め、家まで自転車で帰るという息子をたしなめ、自宅に電話して車で迎えに来てもらうことに。
ピックアップ場所の「海岸冒険広場」までもう一走りします。
自転車専用道は宮城県で整備した道路だと思うのですが、この有様です。。。
R0028376.jpg
途中、葦原で植生調査をしている方々を発見。
仕事とはいえ、なにやら楽しそう
R0028381.jpg

途中、水門を作っているらしく迂回して一般道に戻り、無事に冒険広場で車に自転車2台を積み帰路につきました。本日の走行距離13km

R0028359.jpg
息子の持久力と、自立心に恐怖を感じた日でした。

※環境や健康、ファション指向から、しばらく前から自転車は全国的にブームがきています。 しかし仙台は某自転車雑誌で「自転車では生活しにくい都市」と、かなりの酷評を得た土地。確かに自動車優先で、自転車に対するインフラ整備はまだまだ。自転車専用道ですら荒れ放題の状態ですから、、、違法駐輪の取り締まりを頑張るのも大事ですが、快適に自転車生活の出来る環境を望みます。

About 2010年09月

2010年09月にブログ「お父さんと遊ぶ広瀬川」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年08月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35