« 2011年02月 | メイン

2011年03月 アーカイブ

2011年03月10日

東京で星空を見上げたかったあの頃

今日なんとなくテレビニュースを見ていたら
多摩川の狛江市河川敷でのバーベキュー禁止だそうです。


学生時代、東京で過ごしました。
「東京に住む」というのは刺激に溢れ、常に何かしらチャンスがあるような気がした。
しかしすぐに息苦しくなり、休みになれば(休みじゃなくても、、、)友達が買った車やバイクで旅をした。東京を起点にすると近畿や北陸へ行くのも億劫に感じなかったし、鹿児島や北海道まで下道を使って夜通し運転を交代しながら走ったこともある

単純に空を見上げたかった。あのドンヨリとした空から逃げたかった。


そんな学生時代、ちょっと時間があると多摩川へ行って遊んでた
そのうち何回か多摩川(二子玉川付近)でバーベキューをした覚えがある
広い河川敷から見る開放感溢れる空というのはとても貴重な空間だった
外で飲むビールの美味さを知った場所

しかし、ここにきてバーベキュー禁止となってしまった


何故か?情けない話だがマナーの問題だそう
「ゴミ、騒音、花火、泥酔」 残念です

近年、芋煮の季節には広瀬川でも同じことが言われています

少し前に、中ノ瀬橋の下で、大きなスピーカーで爆音を出しながら踊り狂っていた方々に出くわしたことがあります。(明らかに無許可)
そのとき聞こえてきたのは「自然は最高!」と空を仰ぎながらの叫び声
ツッコミを入れたくなりましたが、多勢に無勢、情けなく立ち去ったのを思い出します

広瀬川での芋煮会禁止なんて嫌だなぁ 

2011年03月31日

戸沢村に疎開してました。

お久しぶりです。

3/11の震災後、家が傾き、頻繁におきる余震によって、子供と一緒にここで生活するのは厳しいという判断で、友達を頼りながら山形県戸沢村という場所に避難しておりました。
IMG_6156.jpg
疎開をしてみて驚いたのは奥羽山脈を越えて山形側へ出てみると、物資こそ少ないけれど皆、拍子抜けするくらい普通に生活をされていた事です。
仙台ではサイレンの音と余震に怯えピリピリした緊張感の中で過ごしていた子供達にとってどれほど安心できたことか。
「パチンコ屋さんやってる!」「自動車教習車走ってる!」「ファミレスだ!」とワイワイ言いながら移動してました。

戸沢村は最上川がドーンと流れており、松尾芭蕉が船下りで乗船した地点もあります。
村の方々にも大変お世話になり、何一つ不自由なく過ごすことが出来ました。
にしてもビックリするくらいの雪・雪・雪・・・ 
今年は近年希に見る豪雪で、アメダスポイントではないから非公式だけど村の観測地点では3mを超えたそうです。
IMG_6159.jpg
村役場の方々も隣県の災害に対して自分達に何が出来るか、毎日会議を重ねて対応しております。自分も戸沢村の中で支援出来ることを手伝っていたつもりです。

明日4/1から妻が育児休暇が明けて仕事復帰(主夫復活です)ということで、疎開を終了し戻ることとなりました。
疎開を決めたときはもの凄く悩み、逃げ出すような形での疎開となりましたが、子供達に安心してもらえたこと、私自身も離れたことで外から震災した仙台を見れたことが良かったと思います。

IMG_6102.jpg
まだまだ予断が許されない状況ではありますが、自分にやれることを考え大好きな仙台の復興のために動きたいと思っております。

↓↓は震災当日の我が家の状況。なにを思ったか庭にテント!
R0029356.jpg

About 2011年03月

2011年03月にブログ「お父さんと遊ぶ広瀬川」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35