« 子供に読んであげたい水の絵本 | メイン | 戸沢村に疎開してました。 »

東京で星空を見上げたかったあの頃

今日なんとなくテレビニュースを見ていたら
多摩川の狛江市河川敷でのバーベキュー禁止だそうです。


学生時代、東京で過ごしました。
「東京に住む」というのは刺激に溢れ、常に何かしらチャンスがあるような気がした。
しかしすぐに息苦しくなり、休みになれば(休みじゃなくても、、、)友達が買った車やバイクで旅をした。東京を起点にすると近畿や北陸へ行くのも億劫に感じなかったし、鹿児島や北海道まで下道を使って夜通し運転を交代しながら走ったこともある

単純に空を見上げたかった。あのドンヨリとした空から逃げたかった。


そんな学生時代、ちょっと時間があると多摩川へ行って遊んでた
そのうち何回か多摩川(二子玉川付近)でバーベキューをした覚えがある
広い河川敷から見る開放感溢れる空というのはとても貴重な空間だった
外で飲むビールの美味さを知った場所

しかし、ここにきてバーベキュー禁止となってしまった


何故か?情けない話だがマナーの問題だそう
「ゴミ、騒音、花火、泥酔」 残念です

近年、芋煮の季節には広瀬川でも同じことが言われています

少し前に、中ノ瀬橋の下で、大きなスピーカーで爆音を出しながら踊り狂っていた方々に出くわしたことがあります。(明らかに無許可)
そのとき聞こえてきたのは「自然は最高!」と空を仰ぎながらの叫び声
ツッコミを入れたくなりましたが、多勢に無勢、情けなく立ち去ったのを思い出します

広瀬川での芋煮会禁止なんて嫌だなぁ 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/652

About

2011年03月10日 20:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「子供に読んであげたい水の絵本」です。

次の投稿は「戸沢村に疎開してました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35