« 秋の装い | メイン | 14種の広瀬川のいきものたち »

ニジ

先日、牛越橋にてガサガサ(網で魚などを捕まえる)をしていると、バラバラっと雨が落ちてきました。芋煮をしている皆さんには厄介な雨だったでしょうが、こちらはカッパを着ているので、お構いなしに川を歩き回りました。雨が上がり日が差してきたので、空を見上げると二重の虹がかかっていました。(外側の虹が薄くて見えにくいので、写真は内側のみです)
IMG_7091.jpg

こちらはニジマス。太平洋東岸やカムチャッカ半島が原産地ですが、日本へは130年以上も前に移入されたそうです。<特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律>
では、要注意に指定されており、北海道などでは在来種を駆逐するなどの影響が出ているそうです。広瀬川でも、ゴールデンウイークに放流されているのと、上流に釣堀があるので、良く目にする魚になっています。

rem_blog5_43.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/552

コメント (2)

ガサガサでニジマスとは凄い!

スガワラ:

説明不足ですいません。これは渓流釣りを始めたばかりの頃に、釣った魚でしたm(__)m

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年10月08日 00:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋の装い」です。

次の投稿は「14種の広瀬川のいきものたち」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35