« サクラマスの飼育 | メイン | サクラマスの飼育 »

サクラマスの飼育

青葉区内の小学校が新たにサクラマスの飼育を引き受けて下さいました。学校で設置作業をしながら、「実体顕微鏡で発眼卵をのぞくと、心臓が動いている様子が観察できますよ」と話すと、「実態顕微鏡をカメラに繋いで、朝会で児童に見せようか」と話が弾みました。地域の環境を知るだけでなく、いきものの命について考える機会にもなれば良いなと思います。


そしてもう一箇所、自宅でも飼育することになりました。小学生のときにザリガニを飼って以来ですが、俄然気合が入ります。といっても、学校などには100卵ずつ設置しましたが、我が家では50卵にしました。



水槽のメンテナンスの件で、昨晩電話した学校では、10日に10匹程度孵化したとのこと。今日はさらに孵化し、全体で70匹程度になったと写真つきで報告がありました。

rem_blog5_36.jpg

11/10


11.11.jpg

11/11



それではと、上記の学校と同じ日に設置した保育園に行ってみると、昨晩2匹孵化したとのこと。水槽をのぞいてみると、1,2,3,・・6匹まで増えていました。せっかくなので、園児を呼んで生まれたての稚魚をみんなで観察しました。みんな食い入るように稚魚に見入っていました。

CA340001.jpg



6日に設置した市民センターにも問い合わせてみると、こちらも数匹孵化したとのことでした。今週末あたりには我が家の発眼卵も孵化しそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/573

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年11月11日 15:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サクラマスの飼育」です。

次の投稿は「サクラマスの飼育」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35