« 大荒れの冬至 | メイン | サクラマスの飼育 »

サクラマスの飼育

やはり昨日の雨は12月の観測史上最大の降水量になりました。広瀬川で生まれたサケやサクラマスの稚魚は、まだ流れの中を泳ぐこともできず、相当な数が流されたのではないでしょうか。もちろん、イワナやヤマメの稚魚も、泳力の弱いほかの水生生物も然りです。



我が家のサクラマスは、水温が10℃と高かったので、表層まで出てきて活発に餌を食べていました。

sakuramasu.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/604

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月23日 16:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大荒れの冬至」です。

次の投稿は「サクラマスの飼育」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35