広瀬川ホームページ

トップページ私の広瀬川インタビュー目次 >私の広瀬川インタビュー(第3回)

私の広瀬川インタビュー


第15回第16回第17回第18回第19回
第8回第9回第10回第11回第12回第13回第14回
第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回
第3回目 杜けあきさん

杜けあきさん『見て、気持ちのいい川』
聞き手
 
日本や海外などあちこち行かれて、あそこの川が良かったなどということはありますか。
杜さん

 北海道はやっぱり木陰が多いので、すごい爽やかだなぁと。白樺系が多いとか、木の種類も違うからっていうのもありますけど。あとは、それこそセーヌ川とかテムズ川とか。でも、そういったところとは種類が違うじゃないですか。船が行けるような川じゃないから。だから、その辺はちょっと難しいでしょうね。
 そうなると、やっぱり見る川っていうことになるから、そういう木陰のある散歩コース、定禅寺通みたいなのが隣に来たら、すごくいいなって思っちゃいますね。で、車が通らなくてね。
聞き手
 自然だけでは、なかなか多くの方にも関心を持ってもらえかも知れませんね。
杜さん
 そうですね。だから、皆が行きたくなる空間が必要だということになりますね。とっても自然なんだけどやさしい空間、人を癒してくれるような空間。私自身も老後は仙台に住むつもりなので、そういうのがあったら絶対行きたいなと思いますね。
私は、今まで守りつづけたこの自然は、せっかく今まで守りつづけたんだからこれからも守るべきだと思います。
 今、私の頭の中に、広瀬川の縁にダーっとケヤキ並木の散歩道が欲しいわっていうイメージが沸いてきました。そうすると、見て気持ちの良い場所になるんだろうなと思えて。高木が異国情緒漂うくらいの、フランスの田舎町みたいな雰囲気になって、素敵だなと思います。
 そうなったら、私自身は行きたいな。もちろんデートコースにもなるでしょうし、都会に居ながら、ゆったりと自然の川を見れる場所になるんじゃないかな。そうすると、それこそ、もっとすごい自然と大都会の共存になるような気がしますね。

杜けあきさん『大自然はそのまま、周りに行ける場所が欲しい』
杜さん
 私がまちづくりにいつもお願いしているのは、矛盾しているんですけど、どんなに情報社会になって、もっともっと便利になってこの街が発展しても、この自然とのどかさだけは残してくださいねって。それが無くなったら、もう仙台じゃなくなってしまうからって。
 自分の周りの友達や知り合い達が、どの方も仙台を誉めて下さる、それがすっごい誇りなのです。「やっぱり空気が違うよね、駅に降りた途端」と皆さんおっしゃるので、それを大事にして欲しいです。
聞き手
 そういう変わらない自然の象徴というか、1つの要素として広瀬川を変わらないものとして残し、そして川の縁には静かに時間を過ごせるような空間を整備する、それが杜さんのプランですね。
杜さん
 そう。大自然の川も良いと思いますよ。それで、それを眺めたいですね。そうすれば必ず人は目を向けるし、見たくなる。結局、例えば劇場とかでもそうですけど、良い客席だと、やってるものも良く見えたりする時もありますよね。ガタガタで固い椅子で見てるよりは、すごく落ち着ける、ゆとりのある空間で眺めれば、良いものがより良く見えるっていうか。そういう意味では、この大自然はそのままで、その周りに見れるもの、行ける場所を作ってほしいな。
聞き手
 そういう場所のプランニング・アドバイザーをしていただくのはいかがですか。
杜さん
 もちろんやりますよ(笑)。気持ちの良い朝や、気持ちの良い夕方に行きたくなるような場所をつくるなら、協力したいです。
 今の若者は、本当にこれだけ物も何もかもが溢れていて、よほど刺激が無ければ集まらなくなっていますよね。でも、刺激って、決して劇的なものだけじゃなくって、癒しも刺激だと思うし、何かちょっと心の琴線に触れてくれるものっていうのがちょっとでもあれば、目を向けるんじゃないのかな。川があって木陰があるっていうのは、ベストですよね。で、川はできるだけいじらないっていうのがとっても良いんじゃないかな。

『杜けあきさんにとって』
聞き手
 最後の質問です。杜さんにとって広瀬川とはどういうものでしょうか。
杜さん
 私は、芸名然りなんですけど、非常に故郷を愛していまして、故郷は絶対的なものなんですよ、自分の中で。そうすると、やっぱり故郷の象徴っていうのが、杜であり、ケヤキの木であり、広瀬川であると。この3つになるんだろうな、という気がしています。
聞き手
 本日は、ありがとうございました。故郷仙台を愛する杜けあきさんの、ますますのご活躍を願っています。


インタビューが終わってから・・・。
『「広瀬あゆ」デビュー?』

杜さん
 最初に言ってた、「広瀬あゆ」っていうのは芸名としてあり得ると思いますよ。
聞き手
 お弟子さんにそういう名前をつけるのは?
杜さん
 お弟子さん(笑)。そうですね、ちょっと考えておきますね。次の仙台出身の宝ジェンヌの方は是非、「広瀬あゆ」という名前をね(笑)。良い名前ですよ。あと、なんとか広瀬っていうのも、かわいいですよね。男役っぽくないですか、杜広瀬、伊達広瀬とか。おもしろいですね。なんか そうやって、名前みたいなものでも活性化できますよね。
聞き手
 仙台出身では、宝ジェンヌはそれほど出ないんですか?
杜さん
 いやもう、すごいたくさん!私が一応パイオニア的な存在だったので、その後に本当に、今なんて何100人という人が受験していますから。すっごい嬉しいですよ!何人いるかっていうのはやっぱり大きいですよ。私の時は東北一人でしたから、500人の中ですからね。そういう意味では今やいっぱいいますよ。すごい、すばらしいなぁと。
聞き手
どなたかを広瀬あゆに指名してくださいよ。
杜さん

 本当ですよね。広瀬あゆちゃんになりたい人は、是非、杜けあきまで連絡ください!なんて(笑)。かわいいと思う、広瀬あゆちゃん。

前ページへ



←トップページへ戻る ↑このページのTOPへ