トップページ >私の広瀬川インタビュー目次 >私の広瀬川インタビュー(第17回)

私の広瀬川インタビュー 第17回 「こうちゃん」こと相田幸二さん

平成22年8月2日(月)
場所:仙台放送
聞き手:佐藤幸輝(仙台市建設局広瀬川創生室)

 

今回のインタビューは、幸せ料理研究家の「こうちゃん」こと相田幸二さん。 「こうちゃんの簡単料理レシピ」は、手軽で簡単に美味しい食事をつくれることでYahoo!ブログで大ブレイクし、今や日本全国の食卓から引っ張りだこに。 そうしたブログを活用した情報発信の仕方や、仙台・みやぎの食の豊かさなど、全6回にわたってたっぷりと語っていただきす。 広瀬川のシンボルのアユを使ったレシピもありますよ。

第1回 まったく予想しなかった展開に 2010.09.30
第2回 「さしすせそ」よりも大切なこと 2010.10.01
第3回 「こうちゃんレシピ」の基本 2010.10.02
第4回 広瀬川は街のシンボル 2010.10.03
第5回 活動のベースは今後も仙台です 2010.10.04
第6回 食材王国でこれからも頑張ります 2010.10.05



1.まったく予想しなかった展開に


ブログを始めたきっかけ


●聞き手

早速ですが、広瀬川ホームページ読者の皆さんに向けて、プロフィールを簡単にご紹介いただけますか。Yahoo!ブログで大人気の「こうちゃんの簡単料理レシピ」の読者の皆さんには、今さら何を、と思われるかもしれませんが、まずはブログを始めたきっかけを教えてください。

●相田幸二さん(以下「こうちゃん」)

もともと、自分の好きなことで生活していければなと思っていました。もちろん、今でもそう思っていますが、30歳を転機にこれからの人生について改めて考えた時、これからは自分の好きな「食」に関わることをやっていこうと思い、飲食店を開くつもりでした。

●聞き手

当時はサラリーマンをされていたと伺っています。

●こうちゃん

ええ、料理とは関係ない業種で、営業の仕事をしていました。

●聞き手

30歳をきっかけに、思い切って仕事を辞められたんですね。

●こうちゃん

サラリーマンを辞める時は管理職だったので、蓄えも少しありましたし、小さなカフェでもやりたいなと思っていました。それで、その準備として何かできないかということを考えていたら、飲食店でホームページを持っているところは多いですよね。そうしたインターネットでお店の宣伝などできたらいいなと思ったんです。

●聞き手

なるほど。

●こうちゃん

それで勉強しようと思ったんですが、最初からホームページを作るというのも大変そうだったので、どうしたらいいかなと、現在は結婚しているので妻ですが、当時彼女と話していたら、最近ブログが流行っているから、まずはそれをやってみたらどうか、と言われて始めたのがきっかけです。

●聞き手

それがきっかけで始められ、あっという間に人気となり、開設から1年も経たないうちに、ブログの内容が本として出版されて、それがまた記録的なセールスとなったと伺っています。ブログの内容の出版シリーズだけでもミリオンセラーを超えているとか。

●こうちゃん

ブログの「こうちゃんの簡単料理レシピ」の宝島シリーズで累計200万部、そのほかの出版物を合わせると、240万部くらい。(※編集者注:2010年8月時点)

●聞き手

料理に関する本の出版で、これだけの部数の売上げというのもびっくりですが、お店を開くための準備として始められたブログが、まったく違う展開となったことも驚きです。ここまで大きな反響というのは…

●こうちゃん

まったく予想もしていませんでしたし、そもそもこうした仕事をしていることすら考えてもいませんでした。


もっと料理への敷居を低くしたい


●聞き手

出版のきっかけは何だったのでしょうか。

●相田幸二さん(以下「こうちゃん」)

ブログを始めて数カ月でアクセス数が上がってきたことで、いろいろ取材を受けさせていただく機会も増えてきた時に、ブログを見ている方から、このブログの内容が本になって出版されたら売れるんじゃないですか、なんていう話をされたんです。最初は冗談のつもりで聞いていたんですけども、しばらくするとそうしたコメントなども結構いただくようになってきて、もしかするとまんざらでもないのかなって思うようになりました。それからブログの中で出版社に向けて、自分からアピールをしていくような感じで、書くようになりました。

●聞き手

どのような感じですか。

●こうちゃん

こういうのを本にしたいと思っているので、興味のある出版社の方がいたらご連絡ください、というようなことです。それで数社からお声掛けいただきましたが、現実的にはなかなか難しかったです。

●聞き手

どうしてでしょう。

●こうちゃん

ブログから出版という事例があまりなかったからだと思います。当時だと「生協の白石さん」とか、「鬼嫁日記」とかそういった本が何冊かあったぐらいで、ブログから出る出版物で、特に料理に関するものは、当時では珍しかった。

●聞き手

今では有名人のブログが本として出版されることは珍しくないですが。

●こうちゃん

ブログ自体、まだそれほど流行っていない時期だったからだと思います。

●聞き手

ブログへのアクセス数も年々増加していると思いますが、これまでの累計で、どれくらいになっていますか。

●こうちゃん

今、3,800万件くらいだったと思います。(※編集者注:2010年8月時点)

●聞き手

ちなみにこの広瀬川ホームページは、2002年に開設されて2010年8月までの累計アクセス数は32万件です。「こうちゃんの簡単料理レシピ」がこれだけ人気となった理由はどこにあると思われますか。

●こうちゃん

料理のスタイルって人それぞれですし、味覚も千差万別ですよね。でも、毎日食事を作っている主婦の方にとっては、本格的な料理よりも作りやすい簡単な料理で、特別な素材や調味料が必要ないものとか、素早く作れて子どもや家族からのウケがいいといった要望が一番多いと思うんです。ところが、これまで著名な料理研究家の方の料理本などでは、まず始めに「料理とは」というところから説明に入っていって、例えば、だしの取り方だとか、基本的な調理方法について事細かく書かれているものが多いと思います。

●聞き手

あまり料理が得意でない人だと敷居が高く感じられる。

●こうちゃん

そう。今みたいに普通の家庭で料理離れが進んでいる状況で、そうした敷居の高い入口を作ってしまうと、やっぱり料理って難しいんだなって感じて、いっそう料理離れが進むと思います。そうではなく、もっと料理への敷居を低くして、普段の食事に簡単に取り入れやすいように見せるような紹介の仕方があってもいいんじゃないか、と思っていました。

●聞き手

料理ってそんなに難しく考えなくてもいいよ、ということを伝えたかった。

●こうちゃん

ええ。

私の広瀬川インタビューvol.17 目次へ 次へ
↑このページのTOPへ