私の広瀬川インタビュー
トップページ >私の広瀬川インタビュー目次 >私の広瀬川インタビュー(第21回)

平成25年8月6日(火)
会場  日本製紙クリネックススタジアム宮城 施設内
聞き手 吉川登(仙台市建設局広瀬川創生室)


第1回
日々、ヒーローが代わる
2013.9.09
第2回 2013.9.10
第3回 2013.9.11
第4回 2013.9.12
第5回 2013.9.13

1.日々、ヒーローが代わる

聞き手

今期の東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天)ですが、絶好調ですね。8/6現在で2位と7ゲーム差の首位です。

草野さん

ありがとうございます。

聞き手

特に先日8/4の日本ハム戦では、様々な記録が飛び出しました。

草野さん

そうですね。勝つ時は何となく勝つものですが、負ける時には理由があると思うんです。そういう意味では、勢いももちろんありますが、歴代の優勝チームの勝ち方に良く似ているなという印象を受けます。

聞き手

チームが良いレールの上を走っているという事ですね。

草野さん

日々ヒーローが代わっているところも良いですね。4番が打ってエースが抑えてというのが野球の基本の形ですが、1番がヒーローになって、8番がヒーローになって、9番もヒーローになる、打線が揮わない時はピッチャーが頑張る。うまくバランスがとれていますよね。

  歴代の優勝チームの勝ち方に良く似ているなという印象を受けます。

聞き手

バランスと言えば、先日は先発全員が打点をあげました。

草野さん

歴史が浅い球団ですので、球団記録も様々出ると思いますし、勢いがあるので日本記録も出ると思います。

聞き手

田中将大投手は開幕15連勝中ですが、この事も守備陣のモチベーションに繋がっているのでしょうか。

草野さん

そうでしょうね。彼を何とか勝たせてあげようという思いで守っています。田中選手にしても最初は調子が悪い中で勝っていたというだけでしたが、本当に力がないとここまでは来られませんからね。
僕らもそうでしたけど、やはりエースが投げる時はチームとしては勝たないといけないという思いがあります。どのピッチャーが投げる時でも気持ちは同じなのですが、特に田中選手が投げる時は気合の入れ方も少し変わってくるのではないかと。

聞き手

球団記録タイの7連勝中という事で、今日も入場待ちで並んでいるお客様が沢山いらっしゃいます。

開場前のスタジアム周辺の様子。開場前のスタジアム周辺の様子。

草野さん

やはり「勝つこと」がファンの皆様への恩返しになるのではなかと、選手個々それぞれ思っていますので、自分のパフォーマンスをどうやって出していくかを日々積み重ねた結果が、勝ちに繋がっているのだと思います。

聞き手

ぜひとも、この良い流れをキープしていきたいところですね。

草野さん

連勝というのは必ずどこかで途切れるものですからね(笑)。
ただ、同じ負けるにしてもしっかりとした野球で負けたのであれば、その日は相手チームがこちらを上回っていたという事です。1つの負けをきっかけに崩れていかないように持っていければ良いと思います。
今日負けても、明日に繋がる負け方であれば全然問題ないですが、不安が残る負け方だと明日にも影響してきますし。

聞き手

なるほど。負け方にも良し悪しがある、ということですね。

日々積み重ねた結果が、勝ちに繋がっている。



  次へ
↑このページのTOPへ