logo
logo

第1回 待ちに待った採蜜シーズンが到来!

vol.7 ニホンミツバチの飛び交う風景を訪ねて

秋編 第1回 待ちに待った採蜜シーズンが到来! - 体験日記

待ちに待った、ハチミツの採蜜作業の季節が到来!
今年は春先の低温や夏の猛暑&雨不足と不順な天候が続いたので、ハチミツの出来がとても気になるところ。さっそく大竹さんの元を訪れました。

image001

(写真はハナアプ)

マサくん(マサ)
こんにちは!
大竹さん(大竹)
こんにちは!刺されるかもしれないから気をつけてね!!

ootakesan

待ちに待った、ハチミツの採蜜作業の季節が到来!
訪れるとすぐ、大竹さんから注意の一言。
普段は大人しいミツバチとはいえ、巣箱を動かして作業をするために攻撃してくることがあるそうです。大竹さんも先日は唇を刺されて、口元がドナルドダックのようになってしまったとか…。
9月20日過ぎから続いているという作業は、すでに終盤に入っています。

image005

マサ
ハチミツを採るのに適した天気とはどんな天気ですか?
大竹
まずは雨が降ってないこと。
雨が降って湿度が高くなるとハチミツが薄くなってしまいますし、足元も悪くなるので作業がしづらくなります。

image007

マサ
きょうは少し雲が多いながらも日差しもありますね。
大竹
ょうはまずまずの天気ですよ。風もちょっとあっていいですね。

image009

晴れて天気がいい日には、1日に5個ぐらいの巣箱からハチミツを採り出すとのこと。
重い巣箱を持ち上げますし、ミツバチに刺される危険もあるという重労働が続きます。

image011

巣箱を固定していたボルトを慣れた手付きで外して持ち上げると、敷地内の広いスペースにその巣箱を置きました。

image013

すると、別な巣箱が登場。素早く2つの巣箱がドッキングされました。

image015