広瀬川ホームページ

トップページこれまでの取り組みの経緯>広瀬川創生プランの中間見直しについて


広瀬川創生プランの中間見直しについて

 仙台市では現在、市民協働により平成17年3月に策定した「広瀬川創生プラン」(以下「プラン」)の中間見直しを進めています。これは、プランの中間年度となる平成21年度に、プラン全体の進捗状況を点検し、進捗状況や社会情勢の変化などに応じた必要な見直しを行うためのものですが、プラン取組事業のうち、主に中・長期計画や市民・NPO主体事業の停滞と、広瀬川市民会議の組織体制の変化などが顕著となったため、平成20年度から前倒しして中間見直し作業に着手しています。
 中間見直しに関する検討は、広瀬川創生プラン策定推進協議会などにおいて、下記の日程・内容で進めております。詳細は議事録概要をご覧ください。


広瀬川創生プラン

  • 杜の都のシンボルである広瀬川の魅力を次の世代に引き継いでいくための行動計画として、広瀬川の自然環境の保全、広瀬川と共生する暮らしの発見や創出、市民による連携と市民と行政との協働を基本理念に、6つの基本目標とそれらを具体化するための市民・NPO・企業・行政などが実施主体となる85の取組事業で構成され、平成26年度までの10年間を計画期間としています。
    詳細はこちらをご覧ください。


広瀬川創生プラン策定推進協議会

  • プランの実効性を高めるため、市民活動団体、学識者、事業者、河川管理者などの方々を委員とする「広瀬川創生プラン策定推進協議会」を平成16年6月に設置し、プランの策定協議と進行管理を行っています。


【参考】広瀬川創生プランの推進体制図

広瀬川創生プランの推進体制図

 

広瀬川創生プラン策定推進協議会における中間見直しの検討スケジュール

協議会
テーマ
主な内容
第10回
H20年7月29日
議事録概要
(1) 全体の進捗状況
(2) 今後の進め方

(1) プランに掲載している85の取組事業の進捗状況を、行政・市民会議・NPOの各実施主体等ごとに整理し、現状を把握
(2) 今後の進め方として、基本的な中間見直しの方針(目標)について検討
第11回
H20年11月27日
議事録概要
(1) 取組事業の課題・対応策
(2) 新たな取組事業

(1) 現在のプラン取組事業の中で、進捗が停滞しているものについて、課題やその対応策等について検討。
(2) 現在のプランにはない新しい取組事業等について掘り起こしを行い、その内容について検討
第12回
H21年2月10日
議事録概要
○中間見直しの方向性
課題や対応策などをもとに、実現性・必要性の観点から取組事業を検証し、中間見直しの方向性を決定
第13回
H21年7月6日
議事録概要
パブリックコメントの募集について
パブリックコメントの募集方法などについて検討
(意見募集)
H21年7月24日〜8月31日
中間見直し(案)へのパブリックコメントの募集
アンケート方式による意見募集を実施
第14回
H21年11月16日
議事録概要
中間見直しプラン素案の修正
(1) パブリックコメントの募集結果を確認
(2) 中間見直し案策定に向けての検討
第15回
H22年1月22日
議事録概要
中間見直しプランの策定
(1) 「広瀬川創生プラン<中間見直し>」(案)の検討・確認
(2) 平成21年度の重点事業の評価
H22年3月
広瀬川創生プラン<中間見直し>策定

 

協議会開催の様子-その1  協議会開催の様子-その2

協議会開催の様子(写真はいずれも第10回開催時)



←前ページへ戻る ↑このページのTOPへ