« 広瀬川 連作詩 4 | メイン | 広瀬川 連作詩 6 »

広瀬川 連作詩 5


19.瞳の奥に/さりげなく/ほんとうのことが暮らしている
20.自分の遥か下/呆気なく/生きて/軽くなって守っている
21.水の音そして河の音/なにげなく/重なる風の音そして
22.傷つけること/なんとなく/ここに残ること
23.喉が渇いて/仕方なく/落ちていく/月の光/嫉妬


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/546

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年09月28日 23:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「広瀬川 連作詩 4」です。

次の投稿は「広瀬川 連作詩 6」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35