« 大倉ダム貯水率低下 | メイン | 最後の真夏日 »

広瀬川水族館

先のエントリーで大倉ダムの貯水率低下について触れましたが、その影響でしょうか、広瀬川の水位もさらに下がっています。さらに、上流域を除いては水温が20℃を超えており、川の中にすむ生き物も、人間同様、酷暑を体験していることと思います。


先週、大橋下流で捕まえた生き物たちです。


IMG_6782.jpg


モクズガニ(脱皮したての殻が柔らかい固体でした) 広瀬川HPのトップに掲載されていた、本日放送の<川のちから>で、中本さんが持っているカニがこのカニです。紹介サイト→http://www.khb-tv.co.jp/35/power/

IMG_6790.jpg


アブラハヤ ギバチ ヒゲナガカワトビケラ カワトンボヤゴ ノシノボリ


減水・高水温にもめげずたくましく生きていました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/522

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年09月04日 22:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大倉ダム貯水率低下」です。

次の投稿は「最後の真夏日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35