« ニジ | メイン | 広瀬川おもしろ駅伝 »

14種の広瀬川のいきものたち

先週、太白区内の保育園で川のいきもの授業をしてきました。対象は3歳〜5歳児。年長クラスの川遊びは別の幼稚園で行ったことがありますが、座学は初めてです。事前の打ち合わせで、普段の生活の様子や集中力がどのくらい持つかなど確認し、やはり実物を見てもらうのが一番良いだろうということになりました。普段、授業で魚などのサンプルを見てもらう際には、当日の朝に採取して学校に持ち込みますが、サンプルがたいして取れないときがまれにあるので、サンプルがなければ授業が成り立たない可能性がある今回は、気合を入れて前日に採取に向かいました。


普段よりもがんばった甲斐あって、この辺で採取できる大体の魚と数種類の水生昆虫を捕まえ、水槽に入れて川に沈めて置きました。が、朝水槽を引き上げて中を確認すると、小さいカゲロウやカワゲラは脱走していました・・・。結局、魚類と水生昆虫あわせて14種を携え、保育所へ向かいます。





実際の生き物を目にすれば興味関心をもってもらえることは確信がありましたが、その導入の川やいきものの話を3歳児にすることに若干の不安があったので、事前に3歳4ヶ月になる娘にテストをしてきました。保育園の子どもたちも、川の規模や石の大きい小さいには個人差がありますが、川に生き物がいることや、水や石が移動していること、危険な場所であることもある程度理解している様子でした。

IMG_7101.jpg

食い入るように水槽を泳ぐギバチを見つめる子どもたち。

IMG_7109.jpg

ヒラタドロムシの足がウニョウニョと動く様子に、さまざまな反応が!

IMG_7110.jpg

小石を集めて<家>をつくる名人ヒゲナガワトビケラのお家を突っつくと、中か住人が現れ、「先生〜何か黒いのでてきたよ〜〜〜〜」

IMG_7129.jpg

室内での授業ではほとんどやったことがありませんが、ぜひ本物に触れてほしかったので、タッチプールも設けました。ヨシノボリもシマドジョウも最後まで良くがんばりました!

IMG_7130.jpg

ライフジャケットやレスキュー用のスローロープなどにも触れてもらいました。

IMG_7131.jpg

箱メガネの新しい使い方を教わりました。

私のほうも、発見だらけの1時間でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/554

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年10月09日 22:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ニジ」です。

次の投稿は「広瀬川おもしろ駅伝」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35