私の広瀬川インタビュー
トップページ >私の広瀬川インタビュー目次 >私の広瀬川インタビュー(第20回)

平成24年11月28日(水)
会場  株式会社エフエム仙台 控え室
聞き手 吉川登(仙台市建設局広瀬川創生室)


第1回 2012.12.19
第2回 2012.12.20
第3回
広瀬川のおもいで
2012.12.21
第4回 2012.12.22
第5回 2012.12.23
第6回 2012.12.24

3.広瀬川のおもいで

聞き手

子供の頃の広瀬川の思い出を教えてください。

Rakeさん

僕は中学校の頃野球をやっていたので、評定河原の球場にも大分お世話になりましたし、小学校の頃は、西公園に小学生用の球場があって、そこで毎週のように試合をしていました。試合の合間に川で遊んだりもしましたね。
それから、僕らの子供の頃は釣りがはやっていたので、よく広瀬川で釣りもしました。途中から必ず川遊びになってしまうんですが(笑)。

  よく広瀬川で釣りもしました

聞き手

仙台には青葉祭りや定禅寺ストリートジャズフェスティバルなど様々なイベントがありますが、よく行かれたイベントはありますか?

Rakeさん

定禅寺ストリートジャズフェスティバルはデビュー前もアマチュアとして4・5回出ていました。今年はサプライズゲストとして招かれて嬉しかったです。
あれだけの規模で街をあげたイベントはなかなか無いので、これを模範に他の街で始まったイベントもあるらしいです。

聞き手

広瀬川の花火などはご覧になりましたか?

Rakeさん

凄い人ですよね。どこから来るのかと思うくらいです。
ちょうど高校生の頃、友人が鹿落坂を降りたところのマンションに住んでいて、屋上から見たことがあります。贅沢な眺めでしたよ。

聞き手

芋煮会などはいかがですか?

Rakeさん

名取川でですが、芋煮会は今年もやりました。広瀬川でも澱橋〜牛越橋のあたりが有名ですし、もう少し上流には有料で貸し出ししているところもありますよね。
芋煮会も、全国の人にはなかなか理解してもらえないらしいですね。子供の頃は、当然、全国でやっているものだと思っていました。

  牛越橋より下流の様子

聞き手

なぜ、川で芋を煮る?・・・と言われますね。

Rakeさん

東京の人には「荒川でそんなことをしてたら捕まるよ」と言われました(笑)。
自然が残っているからこそ、芋煮会が馴染むのだと思います。なかなか、芋煮会が馴染む川が少ないのかもしれませんね。




前へ 次へ
↑このページのTOPへ