ホーム>広瀬川へ行こう

        

« 広瀬川が巻頭特集に! | メイン | 作並で見つけた小さな自然:その2 »

作並で見つけた小さな自然:その1

このところ毎日のように田植え体験が新聞に掲載されていますが、私も先日(5月13日)、作並の広瀬川側の田んぼで田植え体験に参加してきました。

田植え体験については主催者のブログにも掲載されていますので、田植えとは直接関係ないですがその時にちょっと見つけた小さな自然(?)を紹介します。

スズメノテッポウ

写真は、イネ科スズメノテッポウ属の二年草の雀の鉄砲(スズメノテッポウ)です。春の水田や堤防など湿地でたくさん見ることが出来ます。今回の田んぼの周りにもたくさんありました。


草笛を吹く

昔は穂を抜いて、口にくわえ草笛としてピーピー音を鳴らして遊んだもので、私の地元では(仙台ではありません)ピーピー草と呼んでました。
子どもに教えたら、すぐにうまく音を出すことができました。


ワラビ採り


ワラビの煮物

田植えの後はみんなでワラビを採り、持ち帰ったワラビは1日目はおひたしに、2日目は写真のように煮物でおいしく頂きました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12

コメント (1)

その節はお世話になりました。
ピーピー草はスズメノテッポウと言うんですか。勉強になりました。
ワラビ料理をもう一つ。
あく抜きしたワラビを麺つゆにつけるだけ。お好みで卸しにんにくを加えてもOKです。ビールがすすみますよ〜

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年06月01日 16:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「広瀬川が巻頭特集に!」です。

次の投稿は「作並で見つけた小さな自然:その2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35