ホーム>広瀬川へ行こう

        

メイン

歴史・文化 アーカイブ

2007年07月02日

広瀬川の流域を歩く−孫兵衛堀跡

6月23日(土曜日)に「広瀬川市民会議」主催による「広瀬川の流域を歩く」というイベントが開催されました。今後も上流〜下流のいろいろな場所を歩くイベントを継続していく計画になっていますが、その1回目として「若林区荒町小学校 → 森民酒造 → 仙台駄菓子の石橋屋 → 宮沢緑地/広瀬川/愛宕堰/郡山堰」のコースを歩きました。

今日はスタート地点、荒町小学校の敷地内にある「孫兵衛堀跡」の報告です。


孫兵衛堀跡の記念掲示板

荒町小学校の側には七郷堀・六郷堀がありますが、この広瀬川を水源とした用水路以外に、清水小路の湧泉を水源とした「荒町〜南鍛治町〜連坊水路〜東華中学付近〜柳沢〜原町〜梅田川」ルートの「孫兵衛堀」がありました。現在、荒町小学校の正門入口と正門から入った突き当たりのフェンスに「孫兵衛堀跡」の標識・掲示板があります。


孫兵衛堀跡の碑


碑は塀の側にひっそりあります

荒町小学校の敷地内、東側に塀の側にひっそりと「孫兵衛堀跡の碑」はありました。特に標識等何もないので、うっかりすると見過ごしてしまいそうです。

2007年07月06日

広瀬川の流域を歩く−森民酒造本家

揃いの前掛けの3人

今回は7月2日の続きとなる及川酒店 → 森民酒造までを掲載します。

「若林区荒町小学校 ・孫兵衛堀跡」を後に、及川酒店 → 森民酒造のルートを歩きました。

写真左より、案内・説明をしていただいた及川酒店の及川さん、森民酒造の森さん・石山さんです。


お店に飾られている古い写真

最初に「広瀬川市民会議」発案、「森民酒造本家」協力で実現した「純米吟醸 清流 広瀬川」を取り扱っている及川酒店さんに伺いました。こちらは創業300年のお酒屋さんということで、お店には古い写真が飾られていました。


森民酒造本家


趣のある空間


縁側

続いて、森民酒造本家さんに伺いました。

一歩中に足を踏み入れると、タイムスリップしたかのような町屋を見ることが出来ました。庭には井戸もあり、現在も生活用水として使っているとのことでした。


酒造りの水

こちらは、酒造り用の地下水です。冷たくて美味しい水でした。


酒蔵の中

現在、仕込みは行われていませんが、酒蔵を案内していただき、麹室も見せてもらいました。この日外はとても暑かったのですが、酒蔵の中は空調もないのにとても過ごしやすかったです。


今冬に発売予定の清流広瀬川

蔵の見学終了後、今冬に発売が予定されている「清流 広瀬川」の原酒を中で試飲させていただきました。さらに、さらに、昨年宮城県代表で全国大会に出場されたという森民酒造の石山さんの詩吟も聴かせていただき、試飲+詩吟付きの参加者大満足の見学となりました。

※ 全ての行程をまとめた地図を7月9日エントリーに掲載しましたので、このエントリーに掲載していた地図は削除しました。

2007年07月07日

広瀬川の流域を歩く−石橋屋

歩く歩く

森民酒造さんの後、次に向かったのはしだれ桜でも有名な仙台駄菓子の「石橋屋」さんです。写真は不思議な一団の練り歩きです。


石橋屋

京都風れんじ窓、藍色ののれん、しだれ桜の緑、七郷堀、店先の天水桶などにより、石橋屋さんの店構えは、日本情緒があふれてます。


資料館

何度か駄菓子を購入したことがあるのですが、奥に資料館があるということ、これまで知りませんでした。


昔を再現した人形

資料館に入ると、昔を再現した人形がたくさんあって、ちょっとビックリです。ご主人の石橋さんに仙台駄菓子の歴史を説明してもらい、またまた参加者大満足の見学となりました。


仙台駄菓子

自宅用に買い求めた仙台駄菓子です。


緑のしだれ桜

こちらが有名な、しだれ桜です。新緑は新緑で別の風情を感じますね。


桜の季節の様子その1


桜の季節の様子その2

こちらが、桜の季節の様子です(今年の4月14日撮影)。

写真を撮る人がとても多く、なかなか人が切れなくて苦労しました。

2007年08月10日

三居沢不動尊

月例祭のぼり

広瀬川市民会議が9月に実施を予定している「第2回広瀬川の流域を歩く」の下見を先月28日に行いました。
最終目的地が三居沢発電所・電気百年館だったのですが、ちょうどその日、三居沢のお不動さんの月例祭にあたっていたため、お不動さんに向かう道にのぼりが立っていたり、1軒だけでしたが出店も出ており、ちょっとしたお祭り気分が味わえました。


アジサイ

お不動さんの入口には、見頃は過ぎた感じでしたが、白、青、ピンクのアジサイが咲いていました。
赤い太鼓橋と白のアジサイのコントラストが印象的でした。


お滝

境内の奥にある大滝の周辺は、周りとはちょっと違う雰囲気を醸しだし、気温も少し低い感じがします。


浮きみくじ

こちらは、三居沢不動尊オリジナル(と書かれていた)の浮きみくじです。「この鉢には霊験あらたかな、お滝様の清水が注がれています」とのことです。


2007年08月21日

広瀬川灯ろう流し

会場の様子

昨日(20日)、宮沢緑地を会場に「広瀬川灯ろう流し」が行われました。日中はとても暑かったのですが、会場周辺は夕暮れに伴い過ごしやすくなり、川面を通る風が心地よかったです。


花火その1


花火その2

約1000発の花火が打ち上げられました。
灯ろう流しの花火は、高層マンションが背景となるため、ちょっと都会的です。


灯ろう流しの様子


川面に揺れる灯ろう

色とりどりの灯ろうが流され、幻想的な灯ろうがゆく夏を感じさせます。


2007年11月22日

前回エントリー写真の答え

前回エントリーの「この山羊のオブジェは何でしょう?」の答えは下記の写真です。

青下ダム記念碑

これは、青下ダムの第1次拡張事業(昭和6〜9年)完成を記念して設置された「青下ダム記念碑」で、正面に山羊頭の噴水口が設けられ、水道記念館・青下第1ダム側の広場にあります。


記念碑の側にあるモミジ


雪と落ち葉

記念碑の側にはモミジがあり、先日の初積雪の日でしたが、紅葉する樹木を代表するモミジがとてもきれいでした。

2008年01月04日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログならびに広瀬川ホームページをよろしくお願いいたします。
それでは、今年の初掲載写真、元旦に撮影した「愛宕橋下流の眺め」と「愛宕神社の初詣の様子(12時頃)」をどうぞ!!

愛宕橋から下流を望む

元旦の広瀬川は、何故かとても穏やかに感じます。


愛宕神社の初詣の様子

人出が多く、神社や参道を撮影すると、どうしても参拝する人の顔が写ってしまうため、遠景の写真を掲載しました。参道に人が連なっているのが分かるでしょうか?

2008年01月28日

音楽作品「広瀬川」

本日、広瀬川市民会議委嘱の音楽作品「広瀬川」の発表会が開催されます。会場はメルパルクSENDAIで、18時開場となっています。みなさまお誘い合わせの上、是非ご来場ください。詳しい内容はこちら

チラシ

2008年01月29日

発表会無事終了しました。

昨日開催された広瀬川市民会議委嘱の新曲「広瀬川」の発表会ですが、老若男女の多くの方のご来場をいただき、盛況のうちに新曲「広瀬川」のお披露目を行うことができました。ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

記者発表の様子

演奏に先立ち、記者発表が行われました。写真は発表の様子です。


東京ベートーヴェンカルテットによる演奏

記者発表に続き、東京ベートーヴェンカルテットによる演奏会が行われました。曲目は「ベートーヴェン作曲 弦楽四重奏 第4番 ハ短調 OP18-4」、「ヨハンシトラウス作曲 美しき青きドナウ」、「最上川舟歌」です。


広瀬川の発表の様子

演奏会の最期の曲目として「藤原真紀作曲 広瀬川」が披露されました。「広瀬川」は三味線と弦楽四重奏という斬新な曲で、第一楽章雪解け、第二楽章祭り、第三楽章川面の紅葉、第四楽章銀世界と四楽章で構成されています。


交流会の様子

発表会の後は交流会が開催されました。交流会にも多くの方の参加いただき、楽しい交流会となりました。

2008年01月30日

三居沢のお不動さん

凍り付いた大滝

先週、大滝が凍ったとの話を聞き、写真を撮りに行ってきました。21日頃氷結したみたいです。見事な氷ですので、溶ける前にみなさんも是非見に行ってみてください。


凍ってしまった手水

手水舎(てみずや)もカチンカチンに凍っていました。


枯れたアジサイ

入口付近に咲いていたアジサイは、ドライフラワー状態になっていました。前はこうだったのですが。

2008年06月01日

広瀬川を見おろして

 

雨の日、青葉城の跡を訪れました。

 

BlogHiroseGawa-0004.jpg

 

伊達政宗さんは、馬に乗って、高い高いところから、

少し暗い表情で、下に流れてる広瀬川を眺めてました。

 

BlogHiroseGawa-0005.jpg

 

この頃は、雨ばっかりですね・・・

もう梅雨かしら?と、少し心配になります。

 

 

2008年08月09日

天の河

 

天の河流れる岸辺〜〜〜♪

ではなく、広瀬川流れる岸辺ですね!

 

BlogHiroseGawa-0067.jpg

 

BlogHiroseGawa-0070.jpg

 

BlogHiroseGawa-0068.jpg

 

BlogHiroseGawa-0071.jpg

 

BlogHiroseGawa-0069.jpg

 

今年の七夕まつりは、いいお天気でしたね!

 

 

2008年08月21日

花火

 

毎年楽しみにしてる広瀬川の花火は、夕べでした。

準備・・・

 

BlogHiroseGawa-0079.jpg

 

そして、本番!

 

BlogHiroseGawa-0080.jpg

 

BlogHiroseGawa-0081.jpg

 

BlogHiroseGawa-0082.jpg

 

きれいでしたね!

そして、 雨が降らなくて、本当に良かった!

今朝は、また大雨ですから・・・

 

2009年08月20日

過ぎ行く夏の風物詩〜広瀬川灯ろう流しと花火大会〜

今日は16時から、若林区宮沢緑地で「広瀬川灯ろう流し 光と水とコンサートの夕べ」が開催されます。
宮沢橋を中心に流される数々の灯ろうの幻想的な灯りや、広瀬橋上流で打ち上げられる花火が川面に映りこみ、過ぎ行く夏を感じさせる広瀬川の風物詩。
さらに見に行く前に、こちら西大立目祥子さんの「広瀬川の記憶vol.6〜華やかな花火の陰に流れゆく灯籠〜」を読んでいただくと、より感慨深くご覧いただけると思います。

会場へのアクセスは、地下鉄(河原町駅下車)が便利です。詳しくはこちらをご覧ください。


花火の様子


灯ろう流しの様子

2012年07月31日

「広瀬川 小さな旅-夏」の報告

昨日に続いて、今日は22日、日曜日に実施された「広瀬川 小さな旅-夏」の報告です。
前日に続き、この日も小雨の降る中でのイベントとなってしまいました。 なお、今回実施した「広瀬川 小さな旅」は、本ホームページの人気コンテンツである「広瀬川の記憶」のライター西大立目さんをガイドに広瀬川周辺を巡るもので、今年度あと2回実施する予定です(全3回)。 次回は9月を予定しています。詳細が決まりましたらブログでもお知らせしますので、興味のある方は是非ご参加ください。

さて、1回目となる今回、小さな旅は「河岸段丘の地形、武家屋敷の屋敷林のなごり、城下町西部を分断した峡谷の存在を確かめる」と題し、「集合:大崎八幡宮〜四ツ谷用水〜鶏橋・鶏沢〜牛越橋〜三居沢〜澱緑地〜中島丁武家屋敷〜澱不動尊〜へくり沢跡〜解散:仙台城石垣の石」のコースを巡りました。

「広瀬川 小さな旅」として、広瀬川HPに新しいコーナーを設け報告しますので、ブログでは少しだけ写真によるご報告を。

大崎八幡宮・石鳥居
集合は大崎八幡宮・石鳥居の下。


まち歩きの様子1
傘を差してのまち歩きとなりました。


まち歩きの様子2
コースの半分が過ぎる頃には雨も上がり、真夏日や猛暑日の中でのまち歩きとならず、かえって良かったかもしれませんね。


2012年08月21日

広瀬川灯ろう流し

昨日(20日)、何年かぶりに「広瀬川灯ろう流し」に行ってみました。以前とは灯ろうを流す場所やコンサートステージの場所などが変わっていたりしましたが、日が暮れ灯ろうが川面に揺らめく様子は、以前と変わらず幻想的でした。
花火も良かったですよ!!ものすごく近くで見ることの出来る花火大会って、あまりないような気がします。

灯ろう

人出はとにかくすごかったです。宮沢橋から会場を見ると人、人、人でびっくりしました!!

会場の様子

2012年09月03日

第3回広瀬川文化講座

9月28日(金)18:30〜20:30、「第3回広瀬川文化講座」が開催されます。

※ 詳しい内容は広瀬川市民会議HPでご確認ください。

広瀬川文化講座チラシ

About 歴史・文化

ブログ「広瀬川フォトブログ」のカテゴリ「歴史・文化」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは遊びです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35