メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月20日

広瀬川にて

川を眺めながら、あれこれ考えるのが、好きだ。
そして、川に言葉を浮かべながら、空とか雲とかのことを考えるのが、好きだ。

そうして、いくつか川の詩ができて、実際に詩のライブで、読んだりした。

そんな感じで、ここにも、あれこれ書いてみたいと思う。


夜になにか釣れたらと思って、川に釣り糸を垂らそうとすると...
間違って、空に向って投げてしまい、星たちにぶつかってしまう。

上と下は、いつもこんな感じで、ひっくり返ったりする。


秋は、河原で本が読めるから、今度持っていこう。

2008年10月22日

前に書いた詩

雑然とした心の中
色と出会い 身に纏う

橋の下に 川が生きている
ほんの一瞬 混乱する
風の通り道で ブルー
猫のように 帽子にしがみついた


これは以前、文学館のイベントで書いた『広瀬川』という作品の一部。
詩の断片が、川に浮かび、僕の感情の大きなところを掴む...
そんな川への散歩。


2008年10月26日

秋の川

言葉を浮かべて、ぼんやりしてみる。

ぼんやりとか、のんびりとか、そういうのが難しかったりする。

なので、今日も川を訪ねる。
風は、だいぶ冷たくなってきたけど、まだまだ河原を歩くのは、大丈夫。

言葉を浮かべて、揺れてみる。


2008年10月31日

10月終り

風が冷たくなってきた。冬が近づいてきているのだろう。
河原を歩くなら、服を重ねていかなくてはいけない。

今週になって、街中が衣替えをはじめたみたいだ。
河原の緑も、すこし落ち着いた色に見える。


About 2008年10月

2008年10月にブログ「広瀬川ブログ 武田こうじの河原日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35