« 広瀬川 連作詩 11 | メイン | 冬 »

広瀬川 連作詩 12

62.すべては大きいね/ほんの少しだけど大きい/季節とか友情とか/落ち着かないぼくの心
63.背中を歩くように愛していた/ほんの少し新しいと思った/ぼくは簡単だからね
64.もう間に合わない/すべてにアドレスがあって/誰かが暮らしている/ほんの少しの雨と携帯とぼく

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/603

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月23日 09:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「広瀬川 連作詩 11」です。

次の投稿は「」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35