« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月02日

仙台市カヌー協会 act4 レスキュー講習

7/4 仙台市カヌー協会が行うレスキュー講習会です
http://www6.plala.or.jp/sendai_canoe/

これは川で遊ぶ者として、知っていなければいけないノウハウを伝授してもらう貴重な機会です。
午前中は講習、午後は実践を踏まえてのダウンリバー。
沈脱のしかたから、レスキューロープの取り扱い方、助ける側の立場から、助けられる際の身のこなし方まで幅広く教えてくれます。

今回はわたしも参戦予定です

2010年07月05日

カヤックは難しくて面白い。

7/3土曜日
上の子が祖父母と、サクランボ刈りに行くという話になり
「これはしめた!」とばかりに嫁さんに、話をしてカヤックの練習をしたいんだけどと進言
「しょうがないなー」と言いながらも快諾してくれて
しばらくぶりの「1人で遊ぶ時間」を確保。
たぶん子育て世代のお父さんって、みんなこんな感じ。
自分の時間を確保するのって大変なのよ。

意気揚々と青葉区追廻し地区にあるお遊びスポットに
私のカヤックは2艇目で、昨年中古で買いました
1艇目より20cmも短い舟で185cmしかありません
なのでうちの軽自動車の中にもスッポリ収まります
R0028136.jpg
カヤックの世界もいろいろで、のんびり静水で乗るタイプから、激流を揉みくちゃになりながら下ってくるタイプもあります。用途によって乗り分けます。
そして自分の買った舟は波立つ「瀬」で遊ぶタイプで、フリースタイル系、ロデオ艇と呼ばれるタイプです。
しかし困ったことにこの新しい舟(中古ですが)、私にとっては乗りこなすのが難しい。
通称カヤックと呼ばれる舟は、川でひっくり返ったら自力でおきあがりこぼしの如く「ロール」でリカバリーするのですが、新しい舟ではこれが全く上手くいかない。。。あがる気配がない。昨年購入してから3回しか乗っていない。。

次の日の仙台市カヌー協会のイベント参加も控えながら、これはマズイと練習をしたかった

追廻し地区から藪をかき分けながら川にでて、いざロール練習。
と思ったら「瀬」が楽しくて、そこで波乗りばかりして遊んでしまう始末。

R0028133.jpg
こういう場所で波に乗っていると何とも気持ちいいのですよ

小一時間ほど遊んだ後、ロール練習。
自ら水面に向かって、逆さまにひっくり返っていくのは勇気がいります。
1発目:かろうじて上がる
2発目:駄目
3発目:死ぬかもと思いながらも上がる
4・5発目:駄目
R0028132.jpg

この駄目だった場合。水中でひっくり返っている状態から舟を抜け出し、水が大量に入った舟とパドルを引っ張りながら岸まで泳ぎます。この消費エネルギーはかなりなモノです。
完全に気持ちも体力もめげたところで終了。

鮎釣りをしていた釣り師から
「ずいぶん頑張ってたねぇ、でも釣りと一緒で上手くいかないところが面白いんだろ」
と声を掛けられながら複雑な気持ちに。。

いかーん!こんな筈じゃなかった!単純に練習不足だ!

カヤックを始めた頃、知り合った上手な人に「僕は基本的に年中カヤックDAYで、正月3日以外は暇があれば川にいますよ」っていう強者に会ったことがある。実際私の周りにも川が多少凍っていようが、ドライスーツを着込んで川に繰り出す人達がいます。経験値が違いすぎる。。
必要なのは練習で体に覚え込ませること。

前の舟ではできてたんだ
この夏の間に絶対乗りこなしてやる!

2010年07月09日

レスキュー講習会に参加してきた

仙台市カヌー協会主催・レスキュー講習会に参加してきました
水辺で遊ぶ者として、必須の講習。
毎年更新されるので「1度受けたから大丈夫」ではない内容
P7040010.JPG
まずは座学から。対話式のディスカッションが続きます。みんな事故を出したくないので真剣です
P7040100.JPG
スローロープによるレスキュー。助ける人、助けられる側にもテクニックが必要です。
P7040130.JPG
これは川の中で団結しているわけではなくw肩を組みながら急流を渡りきる練習。

その他いろいろな方法論を川で泳いだりしながら体で学びました

お昼は温かいシチューを用意していただき、川下りスタートです
P7040225.JPG

途中1人でカヤックの練習をしている方を発見し、その人も引き連れて下ります
水との気温差からか、あたりは霧が立ちこめ幻想的なツーリングです
P7040265.JPG
途中、何カ所か難所があり(遊びスポットともいう)瀬遊びをしながらゴールです
P7040255.JPG

おまけ
昼休みに無心に箱めがねを覗く2人
この2人は北上川自然学校でインストラクターをしている塚ちゃん、アキラくんで
川で教える者としてやはり受講せねばと、はるばる遠くから参加されたそう
遊び心いっぱいの楽しげな方達でした。
P7040218.JPG

因みに私は自戒も含め吐露します。2回チンダツしました!

2010年07月13日

笹舟プロジェクト2010「広瀬川中州冒険」やるぞ!!

画像の確認
sasa2010s.png

告知が遅れてすみません
このブログの筆者たる布田直志が率いるNPO法人笹舟が送る、この夏のとっておき企画
「笹舟プロジェクト2010・広瀬川中州冒険」始動します

笹舟プロジェクトはなんと今年で開催5回目
毎年、試行錯誤を繰り返しながらも、参加者やスタッフみんなが体力と気力をふりしぼり、
遊び心を躍らせながらここまで歩んでこれました。
この場を借りて応援してくださった皆さんに感謝感謝です。

というわけで、5回目の笹舟プロジェクトは原点に立ち返り、
笹舟の原型となった葦舟をつくります。
葦舟に使用される葦(あし・よし)は、茅葺き屋根に使われる部材で、河川流域に自生している植物です。
葦1本で年間2万トンもの水を浄化すると言われており、昔から生活に密接に関わってきた植物ですが、現在は利用用途が少なくなってきています。
というのも、日本で新築の家を建てる際、屋根の部材に茅を使えないのです。
そのようなわけで、今では茅を葺く職人さんも珍しいです。しかし北欧では葦の屋根が特権階級のステータス・シンボルになっているんです。不思議ですよね
宮城県内でも、忘れ去られそうな葦を有効利用しようと精力的に活動している会社もあるのですが、それについてはまた後日・・・。

さて、今年の笹舟プロジェクトですが
遊び心を大切に葦舟に乗ってこの夏限定の大きな冒険を企てています。
そうなんです。
今年でなくなってしまうあの「巨大中州」を近くで見てみたい!
今まで市民の目を楽しませてくれた「中州」
多くの野鳥の宝庫だった「中州」
じつは付近の子供の遊び場だった「中州」
たまに変な親子が乗っかっている「中州」

中州が無くなる前に、一緒に広瀬川で遊んでみませんか?

お父さん!出番ですよ!PC見てる場合じゃないよ!
子供と一緒に川に飛び込んじゃおうぜ!

今回は私の隣でブログを書いています 武田こうじさんとのコラボもあります

PS・我々は中州の撤去に反対しているわけではありません。理由があって、消えてしまう中州を市民感覚で愛でてみようという主旨で企画してます。くれぐれもお間違いないように。

2010年07月24日

みんな川で遊んでる? 夏休み突入だよ〜 

今年の夏は暑いですね〜
_0016012.jpg
川は涼しい風が吹くんですよ
そして夏休みの子供達にとっては絶好のフィールド。
クーラー効かせて室内にいるよりは、子供と一緒に河原に出ましょうよ!
この日は子供4人、大人4人で広瀬川の折立の辺りで遊んでいました
_0016011.jpg
前半は水面に舟を出してエイサホイサと漕ぎました。
子供達は無邪気に手を出して抵抗を掛け、舟の方向を変えてしまいますが、漕ぐ大人としては堪らん!
途中、堰堤でお見せできないような危険なゴニョゴニョ(子供は大興奮!)して帰還。

後半は郷六の方から流れ込む支流に移動してガサガサ(網を持って魚取り)
_0016022.jpg

うちの子は以前ここで捕ったナマズやカジカ・ヨシノボリの記憶があるので
「父ちゃん、エビはもういらない。大きいの探そうよ」となかなかのプレッシャーを掛けてくる
_0016029.jpg
今回は残念ながらたいした魚は捕れませんでしたが
それでもアブラハヤやスジエビ、ヤゴなどは水槽いっぱい
この日、ガサガサ初めてのRくんは水槽から目が離せなくなっていました。
_0016026.jpg
また川に遊びに来ることを誓い、この日は解散。
_0016013.jpg
日差しは暑いけれど、みんなで気持ち良い風とゆったりとした時間を共有できました。

2010年07月27日

豪雨のあとで

先日のゲリラ豪雨。すごかったですね〜。
みなさんは何処で何をしていましたか?

雨上がりの涼しい風に誘われて、
ご近所に住んでいる友達とその愛犬(3匹)と一緒に散歩に出かけました。
R0028241.jpg
やんちゃ盛りの子犬のリードを任された息子は、自慢げな表情。
R0028240.jpg
しかしこれが散歩をしているんだか、されているんだかわからない有様で、
見ているこちらはハラハラでした。

そんな子供達に気を取られていると、すぐ近くからゴーッという激しい水音が・・・。
どうやら、街中に流れ込んだ雨水が下水道を通り、
勢いよく川に流れてきていたのです。
R0028245.jpg
俗に言う合流式下水道ですね
ペットボトルにサッカーボール、枯木にビニール等々・・・。白濁しているのはトイレットペーパーが溶けたから…
色々なものが流されてくる川の匂いは決していいものではないけれど、
これもまた、川の表情のひとつ。

さてさて、そんなこんなで夕方のお散歩は犬を連れて歩くと、様々なお友達(犬)に声を掛けられます。
この方はわざわざ車で宮沢緑地に散歩しに来てました。
R0028243.jpg
「近所に地面が無い」そうです。そういう時代です。。


おまけ
R0028256.jpg
強烈な水流にいつもの感覚で飛び込もうとするDくん
「こらぁ!」


About 2010年07月

2010年07月にブログ「お父さんと遊ぶ広瀬川」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2010年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35