« عيد الكبي イード・アル=アドハー | メイン | 変わることのない風景はありえない »

大倉ダムでカヌーをしてみた

東京から友達が遊びに来た。
折角だからと紅葉を見ながら舟を出そう!ということとなり
広瀬川上流に位置する、大倉ダムへ
rem_blog4_05.jpg

ネットで調べて見たら大倉ダムへカヌーを降ろすには、ダム管理事務所で申請書を書き込んでから許可をもらうとある。
ちょっと面倒だなぁ、でもダムに落ちたら捜してくれるのかな?話題のダムカードってもらえるの?と思いつつ管理事務所へ。。
しかし、入り口は開いているのに呼び鈴を押しても中々出てこない。やっと出てきても入り口に記入用紙があるのに、理解できてない模様。なんとか書類を受理してもらい、いざダムへ!
因みにダムカードはありません!ってそこだけは力強く言われてしまいました。。

紅葉も程よいこの時期、とても気持ちが良いです。
そしてこの画像の舟、ファルトボートという種類の組み立て式のカヌーですが
先日、とあるリサイクルショップで12000円で売られていた舟。
調べてみたらジャンク品扱いですが、定価15万円のほぼ未使用品と判明
「買います!」と相成った次第です。
rem_blog4_06.jpg

普段は短い艇で一人で乗っていたのですが、こいつは最大で大人2+子供2名が乗れます。
客人や家族を持てなすにはもってこいである。

湖面を滑り出すように漕ぎ進めます。
rem_blog4_07.jpg
いつもは水といえば川で遊んでいる息子は、直ぐにドボンと入りたがりますが
いやいやここはダムマニアから熱い視線を受ける日本で唯一のダブルアーチダムである。
最大水深240mなんて場所に沈まれては堪りません。落ち着け我が子よ

にしても何か「つ・ま・ら・な・い」のである
rem_blog4_08.jpg
そんなの無理だと思いつつ、いつの間にか川で、死ぬ死ぬ、次の落ち込みで死んじゃう〜ってカヤックで下って喜んでいる身としては、スリルのない水遊びは物足りなく感じてしまうのである。

それでも友達も我が子もかなり上機嫌。
rem_blog4_09.jpg
そうだ、普通はこれで良いのだ。この位で充分なのだ。あんなジェットコースターをずっと続けるようなスリルジャンキーな遊びは危険極まり無いのだ。と無理に自分を納得させながら、東京の友達には「広瀬川はもっと楽しいぜ〜」っと誘っておくのであるw

求む、静水でカヌーをやられている方。私にその遊び方、楽しみ方を教えて下さい!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/585

コメント (2)

やっぱ静水ですよね。私ならダム湖であればカナデイアンですね。ダブルパドルに比べ操作のテクが問われます。シングルパドルで最小限のラダーで思ったラインをトレースできるか、また島やビーチに上陸してみる、などの楽しみ方もあります。

さすが元やんさん。
静水でも楽しみ方を知ってらっしゃる
インフレータブルでもシングルパドル使って漕いでみようかな。
宮城県内だと大倉ダム以外、静水に舟出せる場所ってあるんでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月08日 21:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「عيد الكبي イード・アル=アドハー」です。

次の投稿は「変わることのない風景はありえない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35