« ニッカ橋を渡るとき目を疑いました | メイン | リス、クマ?、カモシカ、イワナ、ヤマメ »

川に親しむ醍醐味は?

仙台市内を流れる川は大きく分けると、広瀬川を含む名取川水系と七北田川水系があり、名取川水系には碁石川の釜房ダムと大倉川の大倉ダム、七北田川水系には七北田ダムがあります。川のみならず、それらのダム湖においても様々な活動がおこなわれています。

先週、七北田ダムで泉区内のおやじの会が主催した活動があり、前半にダムの見学、後半にカヌー体験をおこないました。この日も汗が吹き出るような熱い一日でしたが、プログラムの最後には湖水浴で汗を流しました。

DSCN3674.jpg

水中からカヌーに再乗艇するのは大人でも大変ですが、写真の子はスゴイ技(鉄棒で同じようなのがあったような・・・。やった本人も二回目は出来ませんでした)を使って再乗艇し、見事なダイブをみせてくれました。

川に親しむ醍醐味は、水に触れることにあると思います。水圧、水温、におい、底の質感など様々な情報を直接感じることができます。写真のようにどっぷり浸かるのはそうそうできることではありませんが、ぜひ身近な水辺で水に触れてみませんか?眺めているだけではわからない、いろんなことを発見できると思いますよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/501

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年08月10日 22:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ニッカ橋を渡るとき目を疑いました」です。

次の投稿は「リス、クマ?、カモシカ、イワナ、ヤマメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35