ホーム>広瀬川へ行こう

        

メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月03日

広瀬川で遊ぼう−イベント1日目

今日から3日間、「鯉流し」「鯉絵描き」「フリスビー大会」「Eボート体験」「乗馬体験」「昔遊び」「フリーマーケット」「石ころアート」等広瀬川宮沢緑地でいろいろなイベントが楽しめる「広瀬川で遊ぼう」がスタートしました。

今日はお天気にも恵まれ、小さなお子さんからお年寄りの方まで、幅広い年齢の市民の方でとても賑わいました。なお、明日は昨年大人気の「乗馬体験」がスタートします。みなさん、明日は広瀬川で遊びませんか!

イベントの詳細はこちら


広瀬川を鯉が泳ぐ

全国各地で見られる川に渡した鯉のぼりだけではなく、「鯉流し」と題し広瀬川を鯉のぼりが泳ぎます。

宮沢緑地に飾られた鯉のぼり

広瀬川だけでなく、宮沢緑地にも多くの鯉のぼりが飾られています。


鯉流しとEボート

鯉流しの下をくぐって、Eボートが進みます。Eボートは大人気で乗れなかった人も出てしまいました。


宮沢橋下流側のイベントの様子

宮沢橋下流側ではEボート体験、鯉絵描き、売店、野菜・山菜販売、フリースビー大会、展示コーナーなどが行われています。


宮沢橋上流側のイベントの様子

宮沢橋上流側ではフリーマーケット、昔遊び、石ころアート、綿あめ・コーヒーコーナー、ワケルくんエコイベントなどが行われています。


鯉のぼりで遊ぶ子どもたち

子どもたちは鯉のぼりの中を楽しく駆け回っています。


2007年05月04日

広瀬川で遊ぼう−イベント2日目

乗馬体験の様子

新たな体験メニュー「乗馬体験」が今日からスタートしました。昨年同様、馬も係の人も休む暇がないほどの人気を博しています。


ちょっと不思議な風景

「広瀬川」「馬」「マンション」と普通は見ることができない、ちょっと不思議な風景が出現しました。


赤いリボンを結んだポニー

たてがみに赤いリボンを結んだ小さなポニーは、子どもたちに大人気でした。

2007年05月05日

広瀬川で遊ぼう−イベント最終日

 5月3日にスタートした「広瀬川で遊ぼう」も今日が最終日です。3日間全て20℃を超える初夏を思わせる陽気となり、小さなお子さんからお年寄りの方まで、幅広い年齢の市民の方でとても賑わいました(3日間合計の入場者数:約3,400人)。
  「広瀬川で遊ぼう」に来てくれた市民のみなさま、沢山お越しいただき本当にありがとう ございました!!

かき氷

今日は24.4℃と今年一番の暑さとなり、子どもたちにかき氷がとても売れたみたいです。


下流の景色

Eボートに乗ると見ることのできる景色です。スタートとすると下流にこの様な景色が広がります。


宮沢橋を超えた上流の景色

宮沢橋の下を過ぎ上流に向かうと、この様な景色が広がります。右側に見える緑が中洲です。


中洲と宮沢橋

愛宕堰の手前でUターンし、下流に進むと宮沢橋が見えてきます。


ボートから見たスタート地点

スタート地点が近づくと、この様な景色が見えます。


広瀬川で遊ぶ子どもたち

今日はこどもの日です。広瀬川で遊ぶ子どもたちの姿をたくさん見ることができました。


広瀬川、宮沢緑地を游ぐ鯉のぼり
河川上、河川敷上を合わせ、230旒(りゅう)以上の鯉のぼりが川&空を泳ぎました。無地の鯉のぼりに絵を描いてもらい、それも新たに飾っているので来年はもっと増えそうですね。


2007年05月07日

広瀬川で遊ぼう−人気のあったイベント・アトラクション編

 昨日でゴールデンウイークも終わり、今日から学校、仕事など日常生活が始まったことと思います。5月3日〜5日まで「広瀬川で遊ぼう」をライブ的にお知らせしてきましたが、伝えきれなかったプチ情報を、今日と明日の2日間、紹介していきます。
 それでは、今日はEボート、乗馬体験以外にどんなイベント・アトラクションが人気があったのかを中心に報告します。

鯉絵描き

真っ白な無地の鯉のぼりに、自由に絵を描いてもらう「鯉絵描き」が子どもたちの人気を集めていました。カラーペンが周りにはみ出しても、注意したり、怒ったりする必要もないので、保護者の方にも人気が高かったです。


石ころアート

「石ころアート」も人気の高かったイベント・アトラクションです。「石ころアート」は子どもたちだけでなく、家族全員それぞれが石ころアートの作成に取り組んでいるケースが多かったです。


フリースビー大会

輪の中にフリースビーの一部が入ると、輪の中の商品がもらえる「フリースビー大会」も人気がありました。1回のチャレンジでフリースビーを4投できましたが、複数の輪に入れる子どもたちが続出しました。


じゃんけん大会

計画されていないイベント・アトラクションが突然開始されることもありました。これは最終日に行われた「じゃんけん大会」です。じゃんけんに2回勝つと好きな商品を選ぶことが出来ました。


じゃんけん大会の行列

じゃんけん大会開催のお知らせを放送したところ、この様にすぐに長い列が出来てしまいました。


フラフープ

フラフープを回したり、縄跳びの様に跳んだり、フラフープは予想以上に人気がありました。


取材風景

テレビ、ラジオ、新聞などいろいろなメディアが取材に来ました。


2007年05月08日

広瀬川で遊ぼう−食べ物編

 さて、今日は「広瀬川で遊ぼう」で、どんな食べ物が販売されていたのか報告します。

どんどん焼き

最終日だけ販売された「どんどん焼き」です。昭和30年代の食べ物で、かつては駄菓子屋で売られ、子ども達のおやつとして人気だったそうです。


綿あめ

こちらはイベントに無くてはならない「綿あめ」です。1本50円だったこともあり、人気を集めていました。


新川の水で入れたコーヒー

こちらは何の変哲もないコーヒーですが、「広瀬川の水」「新川の水」の何れかを選ぶことができました。味の違いについては、来年も出店があったら、是非ご自身で確かめてみてください。なお、コーヒーカップはリユース食器で、食器洗浄機を搭載しているワケルモービルに3日間参加してもらい、ごみを出さないイベント開催に努めました。


小カブ

小カブ、小松菜、京水菜、スナックエンドウ、タラの芽、こごみなど無農薬の野菜・山菜も販売されました。


ウインナー

地元の商店会から、2つ売店が出ましたが、こちらではウインナー、焼きとうもろこし、手づくりハンバーグ、白がんづきなどが販売されました。


焼き鳥と玉こん

もう一つの売店では、焼き鳥、玉こん、おこわ、かき氷などが販売されました。

2007年05月11日

アヒルと鴨のコインロッカー

チラシと前売り券

 明日から「私の広瀬川インタビュー」でお話を聞いた伊坂幸太郎さん原作、オール仙台・宮城ロケの映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が公開されます。それも仙台・宮城先行ロードショーです。
 ワンカットでも広瀬川、映っているのだろうかと勝手にいろいろ想像しながら、発売早々に前売券を購入したのですが、今週末、来週末と忙しく、とても観に行けそうにありません。残念です…。今月中には観に行こうと思っていますが…。観てきたらブログで報告するかもしれません。

2007年05月14日

通水式

第3回広瀬川仮設魚道実行委員会

先週の土曜日(12日)、第3回広瀬川仮設魚道実行委員会(事務局:宮城県仙台土木事務所)として、郡山堰左岸魚道の通水式が行われました。


通水前の魚道

上から見た魚道の全景です。この時点では、土のうが置かれ水が止められています。


通水

魚道堰板の設置及びボルトの締め付け等を行い、広瀬川の伏流水で造られたお酒「清流広瀬川」を魚道に流してから、土のうが外されました。土のうが外されると、魚道に勢いよく水が流れ込みました。魚道の整備によって、郡山堰上流に多くの魚が遡上するといいですね。

※ 関連情報として、郡山堰右岸魚道についてのレポート「広瀬川研究レポート Vol2
」があります。

2007年05月16日

総天然色せんだい3

仙台市歴史民俗資料館

仙台市歴史民俗資料館で開催されている「総天然色せんだい3 −カラー写真で見る60年前の仙台−」を見に行ってきました。「仲の瀬橋の建設工事」「広瀬川の砂利運搬」「五色沼のスケート」等々、広瀬川に関係する貴重な写真が多々ありました。開催は6月3日までです。関心のある方はお早めに。
※ 広瀬川カレンダーにイベント情報
を掲載しています。

2007年05月20日

広瀬川散策サイクリング

広瀬川散策サイクリング

今日は、宮城県自転車軽自動車商業協同組合仙台南支部主催の「第1回広瀬川散策サイクリング」に参加してきました(参加者計:33名)。昨日の雨も上がって、気温もあまり高くない絶好のサイクリング日和で「名取大橋〜名取川・広瀬川合流部〜千代大橋〜広瀬橋〜宮沢橋〜愛宕橋〜米ヶ袋遊歩道〜霊屋橋〜評定河原橋〜大橋〜仲の瀬橋〜仙台国際センター」を往復する約3時間、約24kmのコースも、気持ちよく、快調に走ることが出来ました。でも、名取大橋解散後、さらに自宅までサイクリングで、帰宅後はヘロヘロでしたが…。

広瀬川沿いをサイクリングするのは、広々して本当に気持ちがいいですね。是非、みなさんも走ってみてください。
それでは、写真等整理して後日改めて掲載します。今日のところはこれで。

2007年05月26日

アヒルと鴨のコインロッカー:その2

アヒルと鴨

先日、遂に「アヒルと鴨のコインロッカー」を見てきました。オール仙台・宮城ロケの映画ということを抜きにして、ちょっと切なく悲しい、でも暗い気持ちにはならないとても良い映画でした。人によっては感じ方が違うとは思いますが…。もちろん、原作を読んでいても楽しめる映画でした。ネットでは「大ヒットか?」といった情報もでているようですが、さてどうなるか楽しみですね。

さて、このブログでは映画に広瀬川が出てきたかどうかが重要(?)になるのですが、気づいたのは2カットで本当に少しですがちゃんと「広瀬川」出てきました。DVDが発売されたら詳しく確認・調べたいと思います。

ところで、上の写真は宮沢緑地の土手でアヒルor鴨(?)のつがいが卵を抱いているところです(5月上旬)。映画のタイトルにマッチする話題でもあり、ヒナがかえったら報告しようと思っていましたが、残念ながらどうもダメだったみたいです(今日の広瀬川NO.2123で詳細報告されています)。来年は上手くいくといいですね。一応、「アヒルと鴨」の関連情報としてご報告まで。

2007年05月29日

広瀬川が巻頭特集に!

HOTEKARAGO!仙台


「HOTEKARAGO!仙台」というフリーペーパーの巻頭特集で「広瀬川」が取り上げられています(2007.5.25 Vol.17)。仙台市内ホテルのロビー・客室、JR仙台駅2階観光案内所などで配布されています。ちなみに私は昨日、仙台駅に行ったついでに観光案内所でもらってきました。興味のある方は入手してみてください。

About 2007年05月

2007年05月にブログ「広瀬川フォトブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35