ホーム>広瀬川へ行こう

        

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月02日

第2回広瀬川の流域を歩く−澱緑地〜三居沢発電所・電気百年館

今日のエントリーは30日の澱緑地の続き「澱緑地〜三居沢発電所・電気百年館」です。

牛越緑地側河川敷の芋煮会風景

澱緑地で一休みしてから三居沢発電所・電気百年館へ向かいました。すると牛越橋が近づくにつれ、何やらのろしのような煙がもくもくと…。良い匂いもしてきます。芋煮会やってるなぁと思い、牛越橋から見るとそこには、人、人、人が…。花見状態の河原になっていました。


発電所の内部

最終目的地の三居沢発電所・電気百年館では、東北電力の方に通常入ることのできない場所の案内・説明をしてもらいました。写真は発電所の内部です。日本で最も古い水力発電所として、今も発電を続けていることに、驚きを感じます。明治の薫りのする建物、機械の残る発電所でした。


電気百年館の見学風景

電気百年館では、全ての展示物の説明をしてもらい、発電所ができた当時の歴史やドラマなど、いろいろなことを知ることができました。

2007年11月03日

5日にテレビ放映!!

1日に、当ホームページの広瀬川ライフ入門第5回として、気象予報士の斎藤さんと新川ハイキング&エコ芋煮(環境に配慮した芋煮会)を行いました。
その時の映像が5日の東北放送「ウォッチン!みやぎ(7:25頃〜8:27)」で放映される予定です。是非ご覧下さい。


スタートの様子

この吊り橋がハイキングのスタートです。紅葉きれいでしたよ!


芋煮会の様子

ハイキング終了後、河原でエコ芋煮(環境に配慮した芋煮会)を行いました。

2007年11月05日

2007わかばやし水と音、光の夕べ

11月1日 3日(土)若林区役所前で六・七郷堀の通水開始にちなみ、「2007わかばやし水と音、光の夕べ」が開催されました。
イベントに先立ち、ペットボトルを使った灯ろうを作るワークショップが行われ、午後5時からはステージでクイズ&トークライブ、篠笛・草笛の演奏やジュジュによるピアノの弾き語り、イケメン’ズによるアコースティックライプなどが行われました。
手作りの灯ろうが会場を幻想的な雰囲気に彩り、水都わかばやしを演出していました。

幻想的な七郷堀の様子


コンサートの様子

2007年11月14日

トビ

鹿落坂側のマンションとトビ

鹿落逆断層付近でトビを見かけました。


上空で円をえがく

気持ちよさそうに上空で円を描いていました。


急降下後再び上昇するトビ

見ているとあっという間に広瀬川にダイブして、また急上昇していきました。
レンズ越しで分かりませんでしたが、魚等捕まえられたのでしょうか…。
川でトビにより弁当やお菓子が取られるといったことが問題になっている地域もあるようです。食べ物のゴミを残さない、餌付けをしないといったことが大切なようですが、ここ広瀬川ではトビ問題など起きないようにしたいですね。あのスピードはちょっと防げませんよ。


2007年11月15日

バナナ虫ことツマグロオオヨコバイ

バナナ虫

バナナ虫と俗称されるこの虫は、ツマグロオオヨコバイ。分類上はセミの仲間です。
植物の液汁を吸う生活をしているため園芸植物や農作物にとって害虫とされますが、小さく、またおもしろい俗称のためか、小さな子どもたちの格好の遊び相手として人気があります。(ごく一部かもしれませんが…。)
これは10月に霊屋橋辺りで撮影したものですが、活動は3〜11月で、成虫で落葉の下などで越冬し春先に野外に出てきます。名前の通り「横這い」が得意で、写真を撮ろうとすると、何度も葉っぱの裏に隠れられてしまいました。

2007年11月17日

月山池とニホンカナヘビ

月山池

10月末頃の月山池の様子です。芋煮会をしている人が何組かいましたが、ここは、釣り人で賑わっていました。


ニホンカナヘビ

何かが動く気配がしたので、地面を見るとカナヘビがひなたぼっこしていました。この後、自切(捕まりそうになると尾を切ること)させずに、うまく捕まえることができ、久しぶりにカナヘビと遊びました。
後で逃がしましたが、ここのところ寒かったのでもう冬眠に入ったかもしれません。

2007年11月19日

初雪・初積雪

仙台では昨夜(18日)初雪が降り、本日(19日)初積雪が観測されました。
平年より20日、昨年と比べても20日も早いそうです。
街中では早々に雪が無くなってしまったため、上流域に行ってみたところ、鳳鳴四十八滝ではうっすらと雪が積もり、秋と冬が同居していました。


秋と冬が同居した鳳鳴四十八滝

昨夜の降雪のためでしょうか。水がとても濁っていました。


鳳鳴四十八滝の様子

この辺は日陰のためか、他の場所より多く雪が残っていました。


落ち葉に積もった雪

落ち葉の上に雪が積もり、冬の訪れを感じさせます。


四十八滝周辺の様子

四十八滝の周りの雑木林がうっすらと雪化粧し、紅葉とのコントラストがとてもきれいでした。

2007年11月20日

さてこの山羊は?

山羊のオブジェ

さて、この山羊のオブジェは何でしょう?
2回目のブログ版広瀬川クイズです。それでは答えは次回エントリーで。


紅葉の鳳鳴四十八滝から見た鎌倉山

ところで、昨日、本当は上の写真をエントリーする予定でした。
日曜日に雪が降ってしまい時機を逸してしまいましたが、もったいないので、本日のおまけとしてアップします。

2007年11月22日

前回エントリー写真の答え

前回エントリーの「この山羊のオブジェは何でしょう?」の答えは下記の写真です。

青下ダム記念碑

これは、青下ダムの第1次拡張事業(昭和6〜9年)完成を記念して設置された「青下ダム記念碑」で、正面に山羊頭の噴水口が設けられ、水道記念館・青下第1ダム側の広場にあります。


記念碑の側にあるモミジ


雪と落ち葉

記念碑の側にはモミジがあり、先日の初積雪の日でしたが、紅葉する樹木を代表するモミジがとてもきれいでした。

About 2007年11月

2007年11月にブログ「広瀬川フォトブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35