ホーム>広瀬川へ行こう

        

メイン

建築物・施設 アーカイブ

2007年06月25日

アヒルと鴨のコインロッカー:その3

愛宕神社からの景色

5月26日エントリー「アヒルと鴨のコインロッカー:その2」でお伝えしたとおり、映画には「広瀬川」が出てきましたが、劇場で見ただけでは自信を持って場所の特定ができませんでした。

ところが、アヒル鴨の公式HPにある「特報&予告編」から「愛宕神社からの撮影では」との情報提供をいただき、一昨日(23日)調べに行ってみたところ、愛宕神社からの撮影であることが確認できました(監督さんも愛宕神社からの景色を絶賛してました)。

上記写真は既に緑が茂っているため、広瀬川の見える部分が少なくなっていますが、トレーラーとほとんど同じアングルです。愛宕神社から見る広瀬川+市街地とてもきれいでした。

ところで、6月23日より、東京でもロードショーがはじまりました。これから人気がどうなっていくのかとても楽しみですね。


展望・休憩所

1枚目の写真はこの展望・休憩所(?)から撮影しました。

それから、撮影場所の情報提供者の方からもう一つ、「<非・バランス>という映画にも広瀬川が出てました。ちょうど、鹿落坂から霊屋橋方向を映したカットがとてもきれいだったことを思い出しました」という情報もいただきました。

「非・バランス」という映画、知りませんでしたので何軒かビデオ屋さんを探したのですが、残念ながらビデオ・DVDともありませんでした。ソフトは既に生産中止で、アマゾンも品切れ中でした。

この映画についても引き続き探してみますので、見ることが出来たら本ブログで報告します。

2007年08月10日

三居沢不動尊

月例祭のぼり

広瀬川市民会議が9月に実施を予定している「第2回広瀬川の流域を歩く」の下見を先月28日に行いました。
最終目的地が三居沢発電所・電気百年館だったのですが、ちょうどその日、三居沢のお不動さんの月例祭にあたっていたため、お不動さんに向かう道にのぼりが立っていたり、1軒だけでしたが出店も出ており、ちょっとしたお祭り気分が味わえました。


アジサイ

お不動さんの入口には、見頃は過ぎた感じでしたが、白、青、ピンクのアジサイが咲いていました。
赤い太鼓橋と白のアジサイのコントラストが印象的でした。


お滝

境内の奥にある大滝の周辺は、周りとはちょっと違う雰囲気を醸しだし、気温も少し低い感じがします。


浮きみくじ

こちらは、三居沢不動尊オリジナル(と書かれていた)の浮きみくじです。「この鉢には霊験あらたかな、お滝様の清水が注がれています」とのことです。


2007年08月29日

大倉ダム

大倉大橋付近の水位状況

8月 27 26日(日)の大倉ダム(大倉大橋付近)の写真です。 下流域で水が少なくなっているため、大倉ダムではここのところ放流を続けていて、毎日約30冂度水位が低下しているそうです。
6月に掲載した写真に比べると水位がかなり低下していることがわかります。
月曜、火曜とほんの少し雨が降りましたが、はたして恵みの雨となったでしょうか…。


クズ

こちらは、大倉ダムの湖畔に咲いていたクズです。
根から葛湯が取れ、また薬用には秋から冬に根を刻んで日干しし、煎じて風邪などに利用できるそうです(漢方の葛根湯)。
クズは秋の七草の一つですので、暑いと思っていても秋が近づいているようですね。

2007年11月20日

さてこの山羊は?

山羊のオブジェ

さて、この山羊のオブジェは何でしょう?
2回目のブログ版広瀬川クイズです。それでは答えは次回エントリーで。


紅葉の鳳鳴四十八滝から見た鎌倉山

ところで、昨日、本当は上の写真をエントリーする予定でした。
日曜日に雪が降ってしまい時機を逸してしまいましたが、もったいないので、本日のおまけとしてアップします。

2007年11月22日

前回エントリー写真の答え

前回エントリーの「この山羊のオブジェは何でしょう?」の答えは下記の写真です。

青下ダム記念碑

これは、青下ダムの第1次拡張事業(昭和6〜9年)完成を記念して設置された「青下ダム記念碑」で、正面に山羊頭の噴水口が設けられ、水道記念館・青下第1ダム側の広場にあります。


記念碑の側にあるモミジ


雪と落ち葉

記念碑の側にはモミジがあり、先日の初積雪の日でしたが、紅葉する樹木を代表するモミジがとてもきれいでした。

2008年01月30日

三居沢のお不動さん

凍り付いた大滝

先週、大滝が凍ったとの話を聞き、写真を撮りに行ってきました。21日頃氷結したみたいです。見事な氷ですので、溶ける前にみなさんも是非見に行ってみてください。


凍ってしまった手水

手水舎(てみずや)もカチンカチンに凍っていました。


枯れたアジサイ

入口付近に咲いていたアジサイは、ドライフラワー状態になっていました。前はこうだったのですが。

2008年03月24日

仙台市科学館

本ホームページの子ども向けコーナー「きっず広瀬川」を設置するため、仙台市科学館の協力を得ることになり、科学館に何度か足を運びました。科学館には広瀬川に関するいろいろな情報がたくさんありました。


広瀬川の模型

科学館に設置されている、広瀬川の模型です。模型には水が流れ、上流、中流、下流の特徴が分かるようになっています。


上流・中流・下流の魚の展示

アクリルによる展示

広瀬川で見ることのできる魚が、アクリル標本として展示されているので、上下左右いろいろな角度から自由に見ることができます。


生きている魚の展示

実際に生きている魚も展示されていました。
ところで、今日は小中学校の終業式で、明日から春休みに入ります。みなさん、是非、春休みを利用して科学館、広瀬川にお出かけください!!

2008年05月16日

京都鴨川

昨日、出張で京都に行ってきました。朝一&最終の新幹線による日帰りという強行軍でしたが、帰りの京都駅へ向かう途中、鴨川をほんの少しだけ歩いてきました。
ということで、今回は広瀬川ではなく、京都鴨川の写真です。


賀茂大橋上流

これは賀茂大橋の上流を見たところですが、石で川を渡れるところがあり、多くの人が橋ではなく、石を跳んで対岸へ渡っていました。水かさが浅いからかもしれませんが「これは、楽しそう〜」と思いました。


納涼床


スタバでも納涼床


鴨川と聞いてイメージするのはこの「納涼床」だったのですが、明るくても風情がありますね。日が落ちてからが良いんですと聞きましたが、今回は残念ながら…。
それから、ビックリしたのが上の2枚目の写真、一番手前のお店は何とスターバックスです。カフェでも納涼床を設置していることに驚きました。これは気軽に納涼床を楽しめそうですね。次回は、体験したいなぁ〜。


三条大橋

上の写真は三条大橋ですが、欄干が木製でした。仙台の大橋の擬宝珠(ぎぼうし)はこんなイメージだったのでしょうか?


三条大橋下流

「人の姿が多いなぁ」と、行きのタクシーから感じていたのですが、実際にそばに行ってみると、見事なくらい等間隔にカップルが座っているし(16時半頃の撮影)、そこここに人がいて感心しました。たくさんの人が訪れる川っていいですね。

2010年02月15日

八幡杜の館

みなさんは、中島丁公園内にある「八幡杜の館」という施設をご存じでしょうか?
この施設は、八幡町にあった天賞酒造の店蔵を跡地一角に復元したものです。
2階に明治、大正、昭和といった古い地図が展示されており、当時の広瀬川を地図で見ることができますので、興味がある方は是非どうぞ!!

八幡杜の館


中島丁公園


八幡地区の変遷


昭和4年の地図

2012年08月13日

宮城野区原町 にしき湯

8月7日、宮城野区の原町本通で営業していた銭湯「にしき湯」の解体工事が行われていました。銭湯の解体工事をなぜこのブログに???と思われる方も多いかと思いますが、にしき湯の浴場に飾られていた背景画、女湯が広瀬川の評定河原だったのです。

銭湯に飾られている絵、富士山というイメージがあって、初めて絵を見たときローカル色あるなぁと思ったものです。あっ、私が見たのは広瀬川の絵ではなく、男湯に飾られていた南三陸町のリアス式海岸の絵ですが。

飾られていた広瀬川、どんな広瀬川が描かれていたのか一度見たかったものです。

にしき湯の解体

About 建築物・施設

ブログ「広瀬川フォトブログ」のカテゴリ「建築物・施設」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは景観です。

次のカテゴリは見所・お薦めです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35