« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月12日

サクラマスの飼育

久しぶりの更新です。先の全面結氷以来、室内に水槽を移したのを機に動画を撮ろうと何度か挑戦したのですが、ピントが上手くあわず良い映像が撮れなかったので更新出来ずにいました。 そうしたら今日、このブログを見ていただいている方から「最近更新してないね〜」と言われたので、動画はあきらめて写真にしました・・・

画像の確認

結氷以前は驚異的な生存率で飼育できていましたが、室内に移してから日に1匹ペースで亡くなっています。餌を食べる様子を観察していると、優勢な固体と劣勢な固体がはっきりとしてきました。室内に移したことで水温が上がり運動量が増えたことや、給餌の回数が増えたことが原因なのでしょうか。劣勢な固体はどんどんやせ細り、最後には目の前に流れてきた餌さえも捕食できなくなり、翌日には亡くなっています。逆に優勢な固体は、最も効率良く餌を得られる一級ポイントを陣取り、近寄る魚を追い払います。

その場の環境に応じた適正な数まで淘汰されるのでしょう。それゆえに、海に成長の場を求め旅立つようになったんですね。

2011年02月20日

帰ってこいよ♪

昨年11月にサケの観察会が行われましたが、来月3月6日に稚魚の放流会が行われます。八幡町商店会では、観察会後も店の軒先でサケを受精卵から飼育し、道行く市民にサケや広瀬川のPRを行っており、大きくなった稚魚を放流します。 4年後には再び広瀬川に帰ってくるよう、一緒に送り出しましょう。 詳しくは→http://hirosegawa-shiminkaigi.jimdo.com/

話は変わりますが、ジャンプ世代の私としても、広瀬川インタービューはストライクでした。「ジョジョ立ち」一緒にしてみたかった・・・

2011年02月27日

サクラマスの飼育

体長が40mmを超える固体が出てきました。前のエントリーまでは、大きな固体と小さな固体とでサイズが著しく違っていましたが、ひと通り淘汰されたのか、型が揃ってきました。 以前は、給餌の際に小さな固体は最後尾でおこぼれをついばんでいた感じでしたが、今では餌をめがけてあっちからもこっちからもサクラマスがビュンビュンと突っ込んできますし、旺盛な食欲のため食べ残しもほとんどありません。 0226skuramasu.jpg

3月中には放流する予定です。11月から4ヶ月のあいだ飼育していると愛着が沸いてきますが当初よりそう決めていました。。。。


0227syohi.jpg
でも、水槽がある暮らしに慣れてしまったので何か飼わずにいられなくなりました。
土曜日。ビュンビュンと風が吹くなか広瀬川へ網を持って出かけました。まったく生命感が無い川の中を歩き回って、なんとかヨシノボリとアブラハヤを捕まえることができました。

About 2011年02月

2011年02月にブログ「三十路すぎた川ガキ、広瀬川へ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年01月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35