広瀬川ホームページ

トップページ>広瀬川データ集/広瀬川流域の水文化

広瀬川データ集

形状・形質 水質・水量 植生・植物 動物 水循環 水文化
広瀬川流域の水文化 |古くから伝わる水文化|現代の市民生活と広瀬川今後の課題

古くから伝わる水文化

 広瀬川は江戸時代より、上流から木材を運ぶ木流しや物資輸送など、仙台城下の水運として活用されてきた。また、広瀬川(名取川)河口部と北上川、鳴瀬川、阿武隈川を繋ぐ貞山運河(木曳堀、新堀)や、広瀬川と名取川を結ぶ木流堀は現在も残っており、当時の歴史の一面が偲ばれる。
 また、広瀬川に関連して、表1-2に示すような歳時行事や慣習が行われていた。厄払いや供養の意味を込めて、水で洗うあるいは水に流す行事が多い。


現代の市民生活と広瀬川

 現代の仙台市民と広瀬川の関わりとしては、秋の風物詩となった川辺での芋煮会や毎年夏に河畔で行われる仙台七夕花火祭、広瀬川灯ろう流し大会などの年中行事があげられる。また、広瀬川の魅力を短歌や俳句で表現する「市民吟行会」や、日本野鳥の会宮城県支部と仙台市が共催で行う「市民探鳥会」、なども、市民参加型の催しとして開催されている。
 年に1回の行事ではなく、日常的な広瀬川とのふれあいの状況については、3の本調査において実施したアンケート調査の中で詳しく調べているが、広瀬川でのボート遊びが失われたり、子供による水泳ぎや魚捕りなどの遊びが昔に比べて見られなくなっている現状から、広瀬川での遊びの文化は衰退しつつあると思われる。
 また、生活文化に根ざした歳時行事についても、失われつつある。


広瀬川にまつわる歳時行事・慣習
名称・時期 概要
牛頭天皇水かけ祭り 元河原町の西裏、広瀬川べりの紙漉町に御輿があったが1812年7月9日の大洪水で木ノ下まで流され、そのまま土着したという。それ以来祭りの当日氏子が御輿を迎えに行き河原町に供奉し、河原町の富商若生儀兵工宅をお旅所とし、ここから元農学校の裏の川中に担ぎ出し、白衣の法印が若者にお手車(肩車)して祈祷し、終わると群衆が川に飛び込んで法印めがけて水を浴びせる。少しでも法印に水をかけると厄除けになる信仰であった。
旧6月15日
河童神祭礼 元南町通りと柳町の中ほど、南町東側に磯奈神社があった。祭日には参詣人が二本ずつ奉納する青々した胡瓜が祭壇の前に山と積み重なった。子供のある家は水難除けに社名を焼き印した小さな木の下げ守りを受けるために、家々の主婦や娘などの女の参詣人でにぎわった。
旧6月15日
夏越しの祓い 現在は桜ヶ丘神明宮で行われている。参詣人は社前の茅の輪をくぐる。人の形を切り紙とし、これに家族の性別、年齢を書いて社に納める。これを祓いの形代と称し、社で祓いをした後、広瀬川に流す。
6月30日
七夕流し 七夕飾りの中竹は物干し竿に残し、ささと飾りをくくって広瀬川に流した。この日、七度ごちそう食べて七度水を浴びろというたとえがあり、笹を流してから水を浴びた。また、年に1度この日に限ってものを洗えば汚れは必ず落ちるといって、女の子は広瀬川で髪を洗い、男の子は習字の手が上がるといって硯や筆を川で洗った。この日をナヌカビと称して、帰りに川岸から柳の枝を葉のついたまま折り取り、乾燥して盆棚の箸にする。この夜から仏壇に面する縁の軒に盆提灯を下げた。
8月7日朝
精霊送り 仏様は朝帰ると考えられていることから、朝に団子となすの油えりを、昼に小豆とキノコのおはぎを供えた。また盆中三日間供えたおタナものを盆ゴモに包み、なすに割り箸を四本さして馬に見立てて背負わせ広瀬川に流した。盆の祭りもすんで何事もナスということだという。
8月16日朝
灯籠流し 黄檗院桃源院の河施餓鬼の行事が有名である。天明、天保の両大飢饉の死者の供養であった。
8月16日
人形流し 昔三月の節句に飾る堤の土雛の首が落ちたり壊れたりすると、ただ捨てずに広瀬川に持っていって流した。女の子の手遊びの人形も壊れると川へ流した。祓いの形代の意味である。
川前の鹿踊り 芋沢に伝わる獅子舞の一種で、1973年県民俗文化財指定。頭に鹿の面をかぶり、腹太鼓をつけた一人立ちの踊り手数人によって踊られる。川前の鹿踊りは剣舞と対にして演じられる。かつて稲の害虫が大発生し、不作になりかけたときに十頭の鹿が現れ害虫を退治し豊作に導いたのが起源という。
出典:広瀬川の歴史と伝説(三原良吉/1979年)、仙台の散策−歴史と文学をたずねて(佐々久・吉岡一男/1974年)

 

今後の課題

 広瀬川の自然環境の保全や広瀬川を活かした特徴あるまちづくりを進めるためには、市民の1人1人が広瀬川と日常的にふれあい、愛着を持つことが重要である。昔から受け継がれる水文化を継承するとともに、仙台市民が多様な生活の場面で広瀬川とふれあえる機会を創出していくことが望まれる。


←トップページへ戻る 形状水質植物動物水循環|水文化| ↑このページのTOPへ